【協働提案事業】公開講演会「公共施設のアクセシビリティとユーザビリティ」を開催します(セシオン杉並)

 

ページ番号1093444  更新日 令和6年4月2日 印刷 

イベントカテゴリ: 講演・講座

協働提案事業「住民(移動制約者)参加によるユニバーサルデザインのまちづくり 実りある対話を行う」

杉並区では、協働提案事業として「住民(移動制約者)参加によるユニバーサルデザインのまちづくり 実りある対話を行う」を実施します。
この事業はNPO法人グローイングピープルズウィルの提案により、令和6・7年度にわたり、公共施設とそのアクセス経路について、視覚障害者、下肢障害者等の移動制約者による現地確認を行うと共に、区と移動制約者の対話の場を作り理解を深めることで、ユニバーサルデザインのまちづくりの推進に取り組むものです。

公開講演会「公共施設のアクセシビリティとユーザビリティ」

事業を始めるにあたり、「公共施設のアクセシビリティとユーザビリティ」について、有識者を招いて講演を行います。講演は一般の方の参加も可能ですので、下記によりお申し込みください。

開催日

令和6年4月21日(日曜日)

開催時間

午前10時 から 正午 まで

対象

一般
ユニバーサルデザインのまちづくりに関心のある方

開催場所

セシオン杉並 講座室(杉並区梅里1丁目22番地32)
電話:03-3317-6611(セシオン杉並総合案内)
社会教育センター(建物名:セシオン杉並)

内容

公共施設には、利用者(障害者を始めとするすべての人)が困ることなく利用できるための3つの技術が必要です。
第一は施設設計の考え方の「計画技術」、第二は整備の具体的方法である「整備技術」、第三は利用者が適切に利用できるための「管理・運営技術」です。
本公演では、これら3つの技術のうち、主として整備技術とそれを支える計画技術について、建築物・道路・空港を事例としてお話いただきます。

申し込み締切日

令和6年4月15日(月曜日)

募集は終了しました。

申し込み

必要

電話またはメールで、NPO法人グローイングピープルズウィルまで申し込み

講師
秋山 哲男氏
定員
30名
費用
無料
その他

定員を超える申し込みがあった場合は、区内在住・在勤者を優先の上抽選

問い合わせ

NPO法人グローイングピープルズウィル
電話:03-4285-9727

メールアドレス:saraseina@y3.dion.ne.jp

講師プロフィール
中央大学研究開発機構 教授。工学博士(東京大学)
首都大学東京に35年勤務し現職。国土交通省の公共交通機関の移動等円滑化整備ガイドライン検討委員会(旅客施設編)の委員長などを務めるほか、調布市、新宿区、川崎市、成田国際空港、東京国際空港ターミナル(TIAT)の調査研究を行う。著書は「生活支援の地域公共交通(編著 平成21年4月学芸出版)、「観光のユニバーサルデザイン」(編著 平成22年4月学芸出版)ほか多数

イベントカレンダーをiPhone・iPad端末のカレンダーに取り込めます。

 

このページに関するお問い合わせ

都市整備部管理課都市施設担当
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表) ファクス:03-5307-0689