子ども  よくある質問

 

ページ番号1002971  更新日 平成28年1月21日 印刷 

質問児童手当・特例給付の認定請求書の児童の名前を書く欄に、「満18歳到達の年度末前の全ての児童」を記入するようにと書かれています。児童手当・特例給付の支給対象は中学生までなのに、なぜそれより上の子どもまで書かなければならないのですか。

回答

3歳以上小学校修了前のお子様で第3子以降であれば手当月額が、15,000円となります。(ただし、所得が所得制限限度額以上の方は特例給付となり、お子様一人につき月額が5,000円です。)

このとき、「第3子以降」の数え方が「満18歳到達の年度末前の全ての児童」の児童を、上から第1子・第2子…と数えるため、手当額の判定をするために必要となります。
なお、施設入所児童(里親を含む)は除きますのでご注意ください。

 

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部管理課子ども医療・手当係
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表) ファクス:03-5307-0686