その他  よくある質問

 

ページ番号1003208  更新日 令和2年4月1日 印刷 

質問インフルエンザに感染しないためにはどうすればよいのですか。

回答

インフルエンザに感染すると、高熱や関節の痛みなどを伴い、人によっては重症化するおそれもあります。流行を防ぐためには、原因となるウイルスを体内に侵入させないことや周囲にうつさないようにすることが重要です。インフルエンザの感染を広げないために、下記の事項に注意して、一人一人が「かからない」「うつさない」対策を実施しましょう。

  • 栄養・休養を十分とり、免疫力をおとさない。持病がある場合は悪化しないよう管理する。
  • 手洗い、うがいを徹底する。
  • 咳やくしゃみが出るときはマスクをする。
  • 流行期はできるだけ外出は控え、人ごみに行かない。
  • 必要最低限の食料品、日用品は備蓄しておく。
  • 流行状況などニュースや区からの情報に注意を払う。

 

このページに関するお問い合わせ

杉並保健所保健予防課感染症係
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目20番1号
電話:03-3391-1025(直通) ファクス:03-3391-1927