妊婦  よくある質問

 

ページ番号1003070  更新日 令和4年4月11日 印刷 

質問里帰り出産したので、他県の病院で受診しました。この妊婦健康診査費用は助成されますか。

回答

助成できます。
残っている受診票の枚数内が検査費用の助成対象となります。都外での受診医療機関で、必ず母子健康手帳に記録を記載してもらい、領収書・明細書をもらってください。
費用助成の手続きは担当地域の保健センターまたは区役所子ども家庭部管理課母子保健係へ、次のものを持参し、申請してください。

  1. 未使用の受診票(都内で交付されたもの・全て)
  2. 母子健康手帳
  3. 母子健康手帳の「妊娠中の経過」のページのコピー(提出用)
  4. 受診医療機関の領収書・明細書(原本と提出用コピー)
  5. 印鑑(朱肉を使うもの)
  6. 銀行の通帳かキャッシュカード(振込先がわかるもの)
    (注)振込先の口座名義が妊産婦本人以外の場合、申請書にある委任状欄に妊産婦本人の署名および押印が必要となります。

申請期間は、出産後1年以内(お子様の1歳誕生日前日まで)です。
郵送での手続きを希望する場合は下記のページ内「郵送での手続き」をご確認ください。

なお、新生児聴覚検査の費用助成もあわせて申請できます。助産院や都外の医療機関で受診した場合、「新生児聴覚検査」の未使用の受診票と受診機関の領収書・明細書の原本及びコピーもあわせて提出してください。

【問い合わせ先】

  • 各保健センター
    荻窪保健センター  電話:03-3391-0015
    高井戸保健センター 電話:03-3334-4304
    高円寺保健センター 電話:03-3311-0116
    上井草保健センター 電話:03-3394-1212
    和泉保健センター  電話:03-3313-9331
  • 子ども家庭部管理課母子保健係 電話:03-3312-2111(代表)

 

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部管理課母子保健係
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表) ファクス:03-5307-0686