国民健康保険  よくある質問

 

ページ番号1002464  更新日 令和3年4月1日 印刷 

質問国民健康保険の保健事業では、どんな事業を行っていますか。

回答

国民健康保険の保健事業としては、杉並区の国民健康保険加入の皆さんの健康の保持増進のため、次に掲げる事業を行っています。

  1. 保養施設
    全国のかんぽの宿との協定により、国民健康保険または後期高齢者医療制度に加入している方がかんぽの宿を宿泊利用する場合、条件により宿泊料金から500円の割引を受けることができます。
    なお、これまで実施していた「夏季保養施設」は、平成29年度の実施をもって事業を終了しました。
    この他に、関連事業として東京都国民健康保険団体連合会が「国保温泉センター(割引利用券)」事業を行っています。
  2. 医療費通知
    対象の方に、診療区分・受診月・受診保険医療機関・受診者氏名・日数・医療費(10割)について通知しています。
    受診時の医療費がどのくらいかかったか、またその医療費がどのように支払われているかを国民健康保険に加入している方に理解していただくと共に、今後の健康づくりの参考として活用していただくために実施しています。
  3. 第二期データヘルス計画・第三期特定健康診査等実施計画に基づく保健事業
    特定健康診査データや医療情報等データを活用し、国民健康保険加入者の健康状態等の把握・分析をして、その結果に基づいた効果的・効率的な保健事業を実施しています。区民の健康増進や医療費の適正化をめざし実施する保健事業は以下の通りです。
    重点課題と実施する保健事業
    重点課題 実施する保健事業
    生活習慣病重症化予防
    • 糖尿病予防教室の充実 
    • 糖尿病・高血圧等医療機関受診勧奨
    • 糖尿病腎症等重症化予防プログラム
    特定健康診査・特定保健指導実施率向上
    • 特定健康診査
    • 特定保健指導
      • 特定健康診査受診勧奨
      • 特定保健指導の利用勧奨
      • 利用しやすい環境づくり
    医療の効率的な提供の推進
    • ジェネリック医薬品の普及・啓発
    • 適正な受診・服薬の促進
    • 郵送型簡易血液検査事業
    健康意識の向上
    • 個別的な情報提供
    • 広報等を活用した情報発信
    • 健康づくりを支援するインセンティブ事業

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

 

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部国保年金課管理係
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表) ファクス:03-5307-0685