婚姻・離婚  よくある質問

 

ページ番号1002399  更新日 令和3年4月1日 印刷 

質問日本人同士での離婚届を出したいのですが

回答

協議離婚について教えてください。

協議離婚は届けた日に効力を生じます。本籍地か所在地の区市町村役所(役場)へ夫、妻(成年の証人2人の署名押印が必要)が届出をしてください。届出に必要なものは、届書1通。届出先に本籍がない場合は戸籍謄本または全部事項証明書1通。印鑑。運転免許証・パスポート・マイナンバーカード(保険証等、官公署が発行しているが顔写真のないものは2点以上)などご本人であることを確認できる書面です。

日本人同士での離婚届を出したいのですが、未成年の子どもがいます。(協議離婚)

離婚する夫婦の間に未成年の子があるときは、夫婦の一方を親権者と定めなければなりません。離婚の合意が成立しても親権者について協議が調わないときは家庭裁判所の審判を得て離婚の届出をしなければなりません。離婚後も引き続き夫婦の共同親権とするような離婚届は受理できません。

協議離婚の場合の届出人は。

協議離婚の場合の届出人は当事者双方です。
双方の意思の合致があり、届書に双方の署名捺印があれば、書類を窓口にお持ちいただくのはどちらかの方でかまいません。

協議離婚の場合、提出に必要なものは。

届書1通。印鑑(届出人欄に押印したものをお持ちください)。届出先に本籍がない場合は戸籍謄本または全部事項証明書1通。運転免許証・パスポート・マイナンバーカード(保険証等、官公署が発行しているが顔写真のないものは2点以上)などご本人であることを確認できる書面。

日本に住んでいる日本人が、外国人との離婚届を出したいのですが(協議離婚)

届書1通(お二人の署名捺印と成年の証人2人以上の署名捺印が必要)。届出先に本籍がない場合は戸籍謄本または全部事項証明書1通。届出先が住所地でない場合は住民票1通。印鑑(届出人欄に押印したものをお持ちください)。運転免許証・パスポート・マイナンバーカード(保険証等、官公署が発行しているが顔写真のないものは2点以上)などご本人であることを確認できる書面。

日本に住んでいない日本人が、外国人との離婚届を出したいのですが。(協議離婚)

戸籍係(電話:03-5307-0624)にお問い合わせください。

裁判離婚について教えてください。

裁判離婚とは裁判所が関与して成立する離婚で調停による離婚、審判による離婚、和解による離婚、請求の認諾による離婚又は判決による離婚があります。

裁判離婚の場合の届出人は。

裁判離婚の場合の届出人は調停もしくは審判の申立人、又は訴えの提起者になります。ただし、これらの者が調停の成立又は審判・判決の確定の日から10日以内に届出をしないときは、その相手方も届出をすることができます。

裁判離婚の場合、提出に必要なものは。

届書。調停調書の謄本又は審判書もしくは判決の謄本と確定証明書。届出先に本籍がない場合は戸籍謄本または全部事項証明書1通。

離婚届の杉並区での受付時間は。

平日午前8時30分から午後5時:区民課戸籍係(区役所1階3番窓口)
休日及び早朝・夜間:区役所夜間休日窓口(なるべく午前6時から午前0時までにお持ち下さい)
平日午前8時30分から午後5時以外の時間帯は書類をお預かりするのみで、書類の審査は翌開庁日となります。

 

このページに関するお問い合わせ

区民生活部区民課戸籍係
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表)、03-5307-0624(直通) ファクス:03-5307-0771