安倍晋三元内閣総理大臣の国葬について(4年9月21日)

 

ページ番号1077698  更新日 令和4年9月21日 印刷 

私の区長就任の直前7月8日に、安倍晋三元内閣総理大臣が狙撃され、ご逝去されました。暴力による言論封殺は、いかなる理由があろうと決して許されるものではありません。
一方、安倍元首相の国葬については、マスコミの世論調査で「反対」が「賛成」を上回る結果が相次ぐなど世論が二分している状況にあります。国民の合意が得られるよう、国において十分議論を尽くす必要があると考えています。
こうした状況を踏まえ、区としては、区施設に弔旗や半旗を掲げたり、区民や区内事業者に対し弔意の表明を呼びかけるなどの行為は差し控えるとともに、区施設の運営やイベント・事業については、中止・延期等を行わず平常どおり実施することといたします。また、区立学校においても、普段と変わらない運営とする旨、区教育委員会から報告を受けています。区及び区教育委員会の対応にご理解くださいますようお願い申し上げます。

安倍元首相に対し、あらためて心からお悔やみを申し上げるとともに、ここに謹んで哀悼の意を表します。私は、暴力によらず、対話と議論によってより良い世界を目指す決意を新たに、区政の現場で力を尽くしてまいりたいと思います。

令和4年9月21日

杉並区長 岸本 聡子

 

このページに関するお問い合わせ

総務部総務課
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表) ファクス:03-3312-9912