特定外来生物「ヒアリ」と「アカカミアリ」について

 

ページ番号1034826  更新日 平成29年9月1日 印刷 

平成29年7月3日、東京港大井ふ頭において、特定外来生物に指定されているヒアリが、また、14日には、青海ふ頭でアカカミアリが都内で初めて確認されました。
いずれも、環境省等が、薬剤散布等により駆除を実施すると共に、発見された場所の周辺地域も含めて、ベイト剤(毒エサ)を設置してモニタリング(監視)を継続しています。さらに拡散防止に向けて、全個体の根絶態勢を敷いております。
これまで杉並区内を始め、港湾以外の内陸部ではヒアリ等は発見されておりません。今後も新たな情報が入り次第お知らせします。

ヒアリの基本情報

ヒアリの写真

【原産地】南米

【形態】

  • 全体的に赤茶色で腹部は黒っぽい赤色、背中に2つのコブがある。
  • 体長2.5~6ミリメートル程度
  • お尻に毒針がある。

【生態】

  • 草地等、比較的開けた環境を好む
  • 土で直径25~60センチメートル、高さ15~50センチメートルのドーム型アリ塚を作る。
  • 雑食性で、節足動物、小型脊柱動物、樹液、花蜜等をエサとする。

アカカミアリの基本情報

アカカミアリの写真

【原産地】アメリカ合衆国南部~中米

【形態】

  • 赤褐色で、頭部は褐色。ヒアリより腹、胸等に毛が多い。
  • 体長3~8ミリメートル程度
  • ヒアリと同種類の毒をもつが、毒の強さは、ヒアリより弱い。

【生態】

  • ヒアリと同様に草地等に生息しているが、アリ塚は作らない。

もし、ヒアリ等と思われるアリを見つけたら

  • 毒を持つため、素手では触らないでください。
  • 市販のアリ用殺虫剤で駆除できます。

もし、ヒアリ等と思われるアリに刺されたら

  • 刺されると、激しい痛みを生じます。
  • 刺された直後は、20~30分程度は安静にして、症状が急に悪化する様子がなければ、ゆっくりと医療機関を受診してください。
  • めまい、息苦しさ等、容体が急変した場合は、「アナフィラキシー(重度のアレルギー反応)」の可能性がありますので、救急車を要請する等、すぐに医療機関を受診してください。

 

このページに関するお問い合わせ

環境部環境課生活環境担当
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表) ファクス:03-3312-2316