区民健康診査

 

ページ番号1004816  更新日 令和3年11月8日 印刷 

(申し込みが不要な場合があります。下の「新規申し込み方法」をご一読ください。)

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、下記の内容をご確認ください。

  • 新型コロナウイルス感染の拡大状況等によっては、健診(検診)を一時休止することがあります。その場合、予約も取り消しとなりますのでご了承ください。
  • 医療機関によっては、予約が集中し、期間内に受診できないことがあります。受診券を受け取られましたら、できるだけ早めの予約をお願いします。
  • 医療機関では、院内感染防止等に留意した対応を行っています。

受診の際、区民健診のお知らせに記載されている受診前チェックリストを必ずお持ちください。(複数の日にまたがって受診する場合は、コピーしてお使いください。)

受診前チェックリスト(1つでも「はい」があると健診(検診)を受診できません)
番号 項目 回答
1 風邪をひいていますか。 はい・いいえ
2 健診(検診)日当日、発熱(平熱より高い体温、または体温が37.5℃以上を目安とする)はありますか。 はい・いいえ
3 咳や呼吸困難などの症状はありますか。(咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁、鼻閉、頭痛、関節・筋肉痛、下痢、嘔気、嘔吐、味覚・嗅覚障害など) はい・いいえ
4 2週間以内に発熱(平熱より高い体温、または体温が37.5℃以上を目安とする)はありますか。 はい・いいえ
5 2週間以内に法務省・厚生労働省が定める諸外国への渡航歴がありますか。また、それらの方と家庭や職場内等で接触歴がありますか。 はい・いいえ
6 2週間以内に新型コロナウイルスの患者やその疑いのある患者との接触歴がありますか。(同居している人や、職場が同じ人を含む) はい・いいえ
7 新型コロナウイルスの患者に濃厚接触の可能性があり、待機期間内(自主待機も含む)ですか。 はい・いいえ
  • 健診(検診)実施機関での感染予防対策として、各自でマスクを用意し、健診(検診)中はマスクを着用してください。
  • 密集・密接を防止するため、必ず電話等にて健診(検診)の事前予約をするとともに、受付時間を守って受診してください。
  • 新型コロナウイルスに感染すると重症化しやすい高齢者、糖尿病・心不全・呼吸器疾患の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方は、かかりつけ医にご相談ください。

区民健康診査について

健康の維持・増進には、適度な運動や健全な食生活とともに、健康状態をチェックすることが大切です。健康づくり、生活習慣の改善に区民健診をお役立てください。
対象要件により(1)成人等健診(2)国保特定健診(3)後期高齢者健診に分かれます。
対象年齢は、令和3年度(令和3年4月1日から令和4年3月31日)中に誕生日を迎えた満年齢です。

区が実施する区民健康診査・区がん検診と人間ドックとの併用について

令和元年度から、区が実施する区民健康診査及び区がん検診と医療機関が実施する人間ドックの併用はできません。主な理由は以下のとおりです。

  • 区民健康診査は、生活習慣病の該当者等を把握するとともに、保健指導が必要な方を的確に抽出するための検査項目になっているため。
  • 区のがん検診は、がんによる死亡を免れることが科学的に証明されている検診方法で実施しているため。
  • 一方、人間ドックは、医療機関により任意に提供されるもので、研究段階であったり、健診としての有効性が確認されていないなどの検査項目が含まれていることがあり、明確に区別して実施する必要があるため。
  • 検査を受けた方に不利益が発生した際に何の検査に起因したものか特定するため。
  • 平成30年度、区内医療機関が実施した区肺がん検診で陰影の見落としがあったことにより設置した肺がん検診外部検証等委員会から、「区が実施する区民健康診査及び区がん検診と医療機関が実施する人間ドックは、分離して実施すべきものである」との答申を受けているため。

区民健康診査

(1)成人等健診

対象者
  1. 30~39歳で職場等で健診を受ける機会がない区民の方
  2. 40歳以上で生活保護又は中国残留邦人等の生活支援給付を受給されている方

受診期間
休診日を除く)

令和3年6月1日~令和4年2月15日
費用

無料

健診内容については、下記「検査項目」をご覧ください。

【注意】

  1. 受診日当日、杉並区に住民登録のある方が対象です。転出した方は受診できません。
  2. 受診期間は上記のとおりです。令和4年2月15日を過ぎると令和3年度の区民健診は受診できません。

(2)国保特定健診

対象者

40~74歳で、杉並区国民健康保険に加入している方

受診期間
(休診日を除く)

令和3年6月1日~令和4年2月15日
費用

無料(追加健診項目の一部は有料)

健診内容については、下記「検査項目」をご覧ください。

【注意】

  1. 受診日当日、杉並区国民健康保険に加入している方が対象です。職場の健康保険に加入した時や、転出した方は受診できません。
  2. 受診期間は上記のとおりです。令和4年2月15日を過ぎると令和3年度の区民健診は受診できません。
  3. 長期入院中の方、特別養護老人ホーム、養護老人ホームなどの施設に入所している方は区民健診の受診対象になりません。
  4. 杉並区国民健康保険以外の医療保険に加入の方は、各医療保険者(健康保険組合・協会けんぽ・国保組合など)が実施する特定健診を受診してください。ご不明な点は、各医療保険者または事業所等にご確認ください。

(3)後期高齢者健診

対象者

後期高齢者医療制度に加入している方

受診期間
(休診日を除く)
令和3年6月1日~令和4年2月15日
費用
無料(追加健診項目の一部は有料)

健診内容については、下記「検査項目」をご覧ください。

【注意】

  1. 受診日当日、後期高齢者医療制度に加入している方が対象です。資格のない方や転出した方は受診できません。
  2. 受診期間は上記のとおりです。令和4年2月15日を過ぎると令和3年度の区民健診は受診できません。
  3. 長期入院中の方、特別養護老人ホーム、養護老人ホームなどの施設に入所している方は区民健診の受診対象になりません。

実施場所

【令和3年度 杉並区区民健康診査・がん検診 実施医療機関一覧表】をご覧ください。
実施医療機関は変更になる場合があります。受診の前に必ず電話等で医療機関に確認してください。

検査項目

基本検査項目(全員に実施) 無料

  • 問診
  • 身体測定(身長・体重・腹囲)
  • 理学的検査(視診・聴診等)
  • 血圧測定
  • 尿検査(糖・たん白・潜血)
  • 血液検査(HDLコレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪、AST(GOT)、ALT(GPT)、γ‐GT(γ‐GTP)、空腹時血糖(食後10時間以上)もしくは随時血糖(食後3.5時間以上10時間未満)HbA1c(NGSP値)、尿酸)

詳細な健診項目 無料

国が定める実施基準に該当する方、もしくは医師が必要と認めた場合に実施

  • 貧血検査
  • 心電図検査
  • 血清クレアチニン検査

国が定める実施基準に該当する方で、医師が必要と認めた場合に実施

眼底検査
眼底の血管を観察し、高血圧や動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病による病変を検査します。目の病気を発見するための検査ではありません。

【注意】

  1. 現在、糖尿病、高血圧症、脂質異常症、虚血性心疾患、脳血管疾患等により、病院で治療中の方は受診する必要はありません。
  2. 国が定める実施基準は以下のリンク先をご参照ください。

追加健診項目(希望する方に実施)

区民健康診査を予約する際に医療機関にお申し込みください。
対象年齢は、令和3年度(令和3年4月1日から令和4年3月31日)中に誕生日を迎えた満年齢です。 

肺がん検診
対象:40歳以上の方
費用:500円(65歳以上の方、40歳以上の成人等検診対象者:無料)
令和2年度より杉並区が実施する胸部X線検査は、肺がん検診として実施しています。肺がん検診は肺がんだけでなく、肺結核や肺疾患、循環器疾患等の判定も含まれています。
【注意】国の定める結核定期健診は、肺がん検診で兼ねるため、65歳以上の方は必ず肺がん検診を受診してください。

  • 大腸がん検診
    対象:40歳以上の方
    費用:200円(40歳以上の成人等健診対象者:無料)
  • 肝炎ウイルス検査
    対象:過去に肝炎ウイルス検査を受診したことがない方
    費用:無料

前立腺がん検査は国の指針に位置付けられていないことから令和2年度をもって終了しました。

受診方法

  1. 区民健康診査の書類が届きます
    A4版程度の封筒の中に、受診券、受診票、お知らせ、医療機関一覧が入っています。
  2. 医療機関に健診の予約をしてください
    同封の「区民健康診査実施医療機関一覧表」から医療機関を選んで予約します。
    杉並区以外に中野区、世田谷区、練馬区の一部の医療機関でも受診できます。実施医療機関については杉並保健所健康推進課へお問い合わせください。
  3. 受診票(A3版の複写の用紙)を記入してください
    受診票に記載された注意事項をお読みのうえ、氏名、フリガナ、生年月日、住所、電話番号、健康診査問診票をご記入ください。
  4. 予約した日時に、必要書類をもって医療機関へ
    健診当日は、受診券、受診票、保険証(健康保険被保険者証)、受診前チェックリスト(お知らせの一面)をお持ちになり、医療機関の窓口に提出してください。
    受診日当日は、血液検査の精度を高めるため、受診前10時間以上は水以外の飲食物を摂取しないでください(最低でも食事開始後3.5時間以上経過しないと受診できませんのでご注意ください)。詳しくは健診を受ける医療機関にご確認ください(医師から食事や薬の服用等の指示を受けている方は、その指示に従ってください)。
  • 追加健診項目を受診希望の方は、予約時に医療機関にお申し込みください。
    費用は受診される際、医療機関の窓口でお支払いください。
  • 生活保護又は中国残留邦人等の生活支援給付を受給されている方は、費用が無料となります。
    受診券に、「無料」が表示されていますのでご確認ください。該当の方で受診券に「無料」の表示がない場合は、受診する前に杉並保健所健康推進課へお問い合わせください。

受診結果

健診結果は、受診した医療機関の医師による対面説明を受けてください。他の医療機関では説明を受けることはできません。
また、健診結果の用紙は大切に保管してください。区からは、健診結果は送りません。

【特定保健指導】
国保特定健診を受けた方(40歳~74歳)は、後日、健診結果とあわせて受診者全員に情報提供がおこなわれます。また、生活習慣病のリスクがあると判断された方は、リスクのレベルに応じて特定保健指導が実施されます。
詳しくは「国保特定健康診査・特定保健指導(国民健康保険)」のページをご覧ください。

新規申し込み方法

区民健康診査の対象者の方は、原則、お申し込みは必要ありません。受診券を自動発送します。
ただし、以下の方はお申し込みが必要です。

  1. 成人等健診対象者で、平成30年度から令和2年度中に一度も区民健康診査を受診していない方
  2. 国保特定健診と後期高齢者健診の対象者で令和4年1月以降に杉並区に転入された方
    【注意】転入前に住んでいた自治体で健診を受けた方は除きます。

受診を希望される方は、インターネット(電子申請)、はがき(1人1枚)、杉並保健所健康推進課窓口のいずれかでお申し込みください。
【最終締め切り(必着):令和4年1月31日】

インターネット(電子申請)

以下の「成人等健診申し込み」にアクセスし、必要事項を入力します。

このサービスは、東京都と都内の市区町村が共同運営する東京電子自治体共同運営協議会の「東京共同電子申請・届出サービス」を利用して実施しています。
サービスが利用可能なパソコン・スマートフォンの動作環境、プラウザの設定等については「動作環境」をご確認ください。

はがき

「区民健診希望」と明記の上、必要事項を記入し、健康推進課健診係まで送付ください。はがきは1人につき1枚必要です。
下記の【成人等健診申込書 記入例】を印刷して、必要事項を記入してはがきに貼ったものでもお申し込みいただけます。

送付先

〒167-0051 杉並区荻窪5丁目20番1号 杉並保健所健康推進課健診係

記載事項

  1. 郵便番号、住所
  2. 氏名(フリガナ)
  3. 生年月日
  4. 年齢(令和3年度中に誕生日を迎えた満年齢)
  5. 性別
  6. 電話番号
  7. 「区民健診希望」と明記

窓口

杉並保健所2階健康推進課(杉並区荻窪5丁目20番1号)へ本人確認ができるもの(保険証・運転免許証・マイナンバーカード等)を持ってお越しください(平日午前8時30分から午後5時まで)。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

 

このページに関するお問い合わせ

杉並保健所健康推進課健診係
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目20番1号
電話:03-3391-1015(直通) ファクス:03-3391-1377