「荻外荘」の復原・整備

 

ページ番号1037511  更新日 平成31年3月15日 印刷 

荻窪2丁目にある国の史跡で、昭和戦前期に総理大臣を3度務めた政治家近衞文麿の別邸「荻外荘」の復原・整備に取り組みます。

荻外荘公園の写真
荻外荘公園

荻外荘(てきがいそう)は、昭和戦前期に総理大臣を3度務めた政治家近衞文麿(このえ・ふみまろ)の別邸で、荻窪駅から南東に700メートルほどの荻窪2丁目の住宅街にあります。
「荻外荘」には、近衞文麿が居住していた当時、居住棟、別棟、玄関棟、客間棟、蔵がありました。
このうち、客間棟と玄関棟が、昭和35年(1960年)に豊島区内に移築されました。

皆様のご寄附で荻外荘が甦ります

復原の際に貼られるタイルの写真
復原の際に貼られるタイル(龍の紋様と無地)

杉並区は、豊島区内に移築された客間棟と玄関棟を再移築して、近衞文麿居住当時の姿へ「復原・整備」します。
杉並の地に、「荻外荘」を甦らせることで、杉並や日本の歴史を考え、語り継ぐ場ができることを目指します。

ご寄附を頂いた方には

  • 10万円以上のご寄附で、復原の際に応接間に貼られるタイル(龍の紋様)1枚を「あなたのタイル」として認定します。また、館内にご芳名を掲示します。
  • 5万円以上のご寄附で、復原の際に応接間に貼られるタイル(無地)1枚を「あなたのタイル」として認定します。また、館内にご芳名を掲示します。
  • 1万円以上のご寄附で、ご芳名を館内に掲示します。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

 

このページに関するお問い合わせ

区民生活部管理課ふるさと納税担当
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表) ファクス:03-5307-0692