性的少数者(性的マイノリティ)に関する取り組み

 

ページ番号1051403  更新日 令和3年2月18日 印刷 

区では、人権問題の一つである性的少数者(性的マイノリティ)に対する差別や偏見が解消され、「多様な性」について区民等の正しい認識と理解が促進されるよう啓発活動に取り組んでいます。

その取り組みの一つとして、「多様な性」について考えるきっかけになるよう、性の4つの要素、性的マイノリティの割合、当事者が直面する困りごと、多様な性を認め合うために今日からできること、相談窓口など、性的マイノリティに関する基礎知識をまとめたリーフレットを作成しました。

「性的マイノリティについて知ろう! 映画&講演会」を開催しました

原ミナ汰さんの講演「LGBTにみる多様な生き方、暮らし方 今必要なのは、理解より気づき」と映画「彼らが本気で編むときは、」(脚本・監督:荻上直子)の上映を令和元年9月7日に杉並区役所で行いました。
午前(映画のみ)・午後(講演&映画)の部を合わせて140名の方にご来場いただき、関心の高さがうかがえました。

映画と講演会の様子やアンケート結果のイメージ画像

多様な性とは?

一般的に、「性」は「男性」「女性」に分けて考えられますが、「性」のありかたはもっと多様なものとして、以下の4つの要素で捉えることができます。

4つの要素

(1)身体〈からだ〉の性

生まれた時の戸籍上の性別

(2)心の性(性自認)

自分で自分をどのような性別だと思うか

(3)好きになる性(性的指向)

どの性別を好きになるか

(4)表現する性

服装やしぐさ、言葉づかいなど

性の多様性を示すイラスト

ひとりひとりに個性があるように、性のあり方もさまざまです。「身体の性」と「心の性」が異なる人や、「好きになる性」が異性ではない人もいます。このように、性のあり方が少数派の人たちを「性的少数者(性的マイノリティ)」や「LGBT」と呼ぶことがあります。
また、性的指向(Sexual Orientation=SO)と性自認(Gender Identity=GI)の頭文字をまとめ、「SOGI」(ソジ)と表すこともあります。
性的マイノリティの人もそうでない人も、みんな「SOGI」という多様な性のグラデーションの中を生きています。

LGBTとは?

「LGBT(エル・ジー・ビー・ティー)」とは、性的少数者(性的マイノリティ)のうち、以下の4つの頭文字を組み合わせた言葉です。

LGBT

レズビアン(Lesbian)

女性として女性が好きな人

ゲイ(Gay)

男性として男性が好きな人

バイセクシュアル(Bisexual)

異性も同性も好きになる人

トランスジェンダー(Transgender)

「身体の性」と「心の性」に違和感がある人

LGBTを説明するイラスト

性的少数者(性的マイノリティ)には、LGBT以外にも、男女どちらにも恋愛感情を持たない人、自分の性を男女どちらかに決めない人、決められない人、決めたくない人など、さまざまな人がいます。

性的マイノリティの割合は?

調査により異なりますが、7~8%程度という結果が多く、約13人に1人の割合となります。
この割合は、左利きの人(約10%)・血液型AB型の人(約9%)と近い割合です。

「周りにいない」のではなく、「気づいていない」だけかもしれません。

相談できるところがあります

性自認・性的指向に関するさまざまな悩みや不安について、ご相談ください。

  • 杉並区立男女平等推進センター一般相談
    電話:03-5307-0619(祝日・年末年始を除く平日 午前9時~午後5時)
  • よりそいホットライン(一般社団法人社会的包摂サポートセンター)
    電話:0120-279-338(フリーダイヤル)(24時間受付)
  • セクシュアルマイノリティ電話法律相談(東京弁護士会)
    電話:03-3581-5515(毎月第2・4木曜日 午後5時~7時 。祝日の場合は翌金曜日)
  • 東京都性自認及び性的指向に関する専門電話相談
    電話:03-3812-3727(祝日・年末年始を除く毎週火曜日・金曜日 午後6時~10時)
  • 東京都性自認及び性的指向に関する専門LINE相談
    (祝日・年末年始を除く毎週月曜日・木曜日 午後5時~午後10時。受付は午後9時30分まで) 

今日からできることがあります

アライ(Ally)になろう!

「アライ」とは、性的マイノリティへの理解を示し支援する人をいいます。「アライ」が増えていくことは、多様性を認め合い、だれもがいきいきと輝ける社会につながっていきます。

変わろう!

差別的な言葉を使わない(好ましくない表現:ホモ・レズ・オカマ  ⇒ 好ましい表現:ゲイ・レズビアン)
異性愛を前提としない(好ましくない表現:「彼氏いるの?」・「彼女いるの?」)
結婚や子育てを前提としない(好ましくない表現:「まだ結婚しないの?」・「子どもは?」)

考えよう!

性的マイノリティの人から相談等を受けた時は、「何に困っているのか?」を聞き、解決に向けて一緒に考えよう。

伝えよう!

レインボーカラー(性的マイノリティの支持・支援のシンボルとして使われる6つの色)のアイテムを身につけて、アライであることを示そう。

「自分の周りに性的マイノリティの人がいるかもしれない」と思って行動することが、アライになるための第一歩です。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

 

このページに関するお問い合わせ

区民生活部管理課男女共同・犯罪被害者支援係
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表) ファクス:03-5307-0681