すぎなみビトMOVIE

 

ページ番号1051437  更新日 令和3年9月15日 印刷 

写真:すぎなみビトmovie

広報すぎなみでは特集「すぎなみビト」として、区内外で活躍する区民などを紹介しています。
広報紙に掲載されていないインタビューや活動風景などを「すぎなみビトMOVIE(ムービー)」でお楽しみいただけます。

視聴方法
  • YouTube(ユーチューブ) 杉並区公式チャンネル
  • DVDを区役所東棟5階の広報課で貸し出しています。

令和3年度

令和3年度 9月15日号

ガイドヘルパーの写真

障害者の移動支援 ガイドヘルパー 

区では、屋外での移動に困難のある知的・身体・精神などの障害者に対してガイドヘルパーを派遣する「移動支援事業」を行っている。社会生活上必要不可欠な外出や余暇活動などの支援をすることで、地域社会での自立生活や社会参加を促進する。

令和3年度 8月15日号

井草貴文さんの写真

パラ陸上 男子1,500メートル 井草貴文さん 
杉並区出身。2歳の時に難病を発症し、右半身にまひが残る。大学時代から本格的に陸上を始め2015年に日本代表に選出される。2021年東京陸協中距離チャレンジ男子1,500メートル陸上脳性まひT37クラスでは自身の日本記録を更新。同時にアジア新記録を樹立した。

令和3年度 7月15日号

チームナミスケの3人の写真

TEAM NAMISUKE(チームナミスケ) 
2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を契機として2019年ににスタート。これまで個々に行っていたボランティア活動を一元化した杉並区独自の制度。

令和3年度 5月15日号

すぎなみカルタプロジェクトの3人の写真

すぎなみKaruta(かるた)プロジェクト 
2016年発足の市民グループ。杉並区や学校、外国の人々とオリジナルのかるたを作り、世代間交流や異文化交流を行う。社会福祉施設に集う人々との合作や車いすでも楽しめるかるたの考案など活躍の場を広げ続けている。

令和3年度 4月15日号

滝沢秀一さんの写真

芸人・ごみ清掃員 滝沢秀一さん
昭和51年生まれ。杉並区在住。平成10年にお笑いコンビ「マシンガンズ」を西堀亮と結成。お笑い芸人として活動する傍ら、平成24年から民間のごみ清掃会社で清掃員の仕事を始める。『このゴミは収集できません』(白夜書房)、『ゴミ清掃員の日常』(講談社)など著書多数。令和2年10月には環境省の「サステナビリティ広報大使」に就任。SNSでの発信、執筆、講演などを通してごみ削減の啓発活動に尽力している。

令和2年度

令和2年度 2月15日号

渡辺勇大さんの写真

バトミントン選手 渡辺勇大さん
杉並区出身。国内外の数々の大会で優勝経験を持つトップアスリート。バトミントンに懸ける思いや、ダブルスの魅力について伺いました。

関連動画

動画のサムネイル画像

渡辺勇大選手が東京2020オリンピック競技大会に出場し、東野有紗選手とペアを組んだバドミントン混合ダブルスで銅メダルを獲得しました。この種目でのメダル獲得は日本史上初。また、バドミントン男子選手としても日本史上初のメダル獲得という快挙を達成しました。
この快挙を受け、渡辺選手へのオンラインインタビューが実現しました。オンラインインタビューでは、田中区長や杉並区職員からのオリンピックに関する質問にお答えいただきました。

令和2年度 1月20日号

田中奈那子さん

五つ子ちゃんの母 田中奈那子さん
昭和56年に東京では初となる五つ子を出産し、子どもが生後9カ月の時に杉並区へ転入。子育て期には学校のPTA会長、青少年委員なども務めた。さまざまな地域活動に貢献しながら、保健センターの職員に誘われ20年前から始めた「双子のつどい(現「多胎児のつどい」)」での支援活動も継続中。

令和2年度 12月15日号

地域区民センター協議会委員の3人

地域区民センター協議会委員
区内7地域(井草・西荻・荻窪・阿佐谷・高円寺・高井戸・永福和泉)に設置された各地域区民センターを拠点に活動する任意団体。町会・自治会、商店会、民生委員児童委員協議会、PTA等から推薦を受けた人や公募を経た人がボランティアの委員として協議会を支えている。今号では、荻窪・阿佐谷・永福和泉の協議会委員に「仲間と支えあいながらまちづくりに貢献していくこと」についてお話を伺いました。

令和2年度 11月15日号

角田光代さん

作家 角田光代さん
杉並区在住。大学卒業の翌年「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。その後、数々の文学賞に輝き、2005年「対岸の彼女」で直木賞受賞。代表作「八日目の蝉」をはじめ、その多くが映像化されている。

令和2年度 10月15日号

小尻美奈さん

アンガーマネジメントコンサルタント 小尻美奈さん
一般社団法人日本アンガーマネジメント協会本部主催講座登壇講師。学校、省庁、企業などでアンガーマネジメントの講演や研修を行いながら、プログラム開発や指導者育成にも従事。杉並子育て応援券サービス提供事業者「おひさまママン」として区内在住の保護者に向けた講座も開催している。共著に「子育てのイライラスッキリ解消!ママのアンガーマネジメント」(合同出版)。杉並区在住で2児の母。

令和2年度 9月15日号

金光仁三さんと平木桂太さんと多比良秀俊さん

コロナ禍のチャレンジャー「文化・芸術編」
激団リジョロと、荻窪音楽祭実行委員会。コロナ禍の中であっても芸術を届け続けるために、新しいかたちの芸術鑑賞様式を模索し、試行錯誤と挑戦を続けている。

令和2年度 4月17日号

藤山大樹さん

手妻師 藤山大樹さん
杉並区出身。手妻の大家である藤山新太郎に師事し手妻師の道へ。平成31年に文化庁芸術祭「新人賞」受賞し、日本マジック界歴代最年少受賞という快挙を成し遂げた。

令和元年度

令和元年度 3月15日号

高田朋枝さん

ゴールボール選手 高田朋枝さん
杉並区在住。北京パラリンピック7位入賞。現在は、東京2020パラリンピック大会に向けたトレーニングのほか、ゴールボールの普及活動にも日々尽力している。

令和元年度 2月15日号

浅井義彦さん

すぎなみサイエンスフェスタ実行委員長 浅井義彦さん
杉並区高円寺在住。宇宙科学研究所共同研究員等を経て、現在は東日本国際大学教授を務める。大学で教える傍ら、商店街および自治会役員等の地域活動に積極的に取り組んでいる。

令和元年度 1月15日号

ルカ・ティエリさん

イラストレーター、コミックアーティスト ルカ・ティエリさん
平成24年より杉並区在住。子どもの頃から日本のアニメや漫画などに触れて育つ。イラストレーターとしてイタリア本国のほか、アメリカや日本などさまざまな国で作品を発表し活躍。

令和元年度 12月15日号

遠藤尚太郎さん

映画監督 遠藤尚太郎さん
杉並区在住。2016年「築地ワンダーランド」で劇場監督デビュー。本作は数多くの国際映画祭に招待され、タイではドキュメンタリー映画の興行収入記録を塗り替えるなど国内外で注目を集めた。

令和元年度 11月15日号

臼井二美男さん

義肢装具士 臼井二美男さん
杉並区在住。日本におけるスポーツ義足製作の第一人者としてパラリンピアンをはじめ、多くの選手のサポートを行ってきた。義足ユーザーによるファッションショーや陸上チームの発足にも尽力。

令和元年度 10月15日号

尾池亜美さん

尾池亜美さん
荻窪出身。3歳でバイオリンを始め、東京藝術大学を卒業後、スイス・ローザンヌ高等音楽院、イギリス・王立北音楽院、オーストリア・グラーツ芸術大学で学び帰国。国内外のさまざまなコンクールで優勝し、現在はコンサート活動やCD制作などを精力的に行う。

 

 

令和元年度 9月15日号

ラグビー女子セブンズ日本代表の平野優芽さん

ラグビー女子セブンズ日本代表 平野優芽さん
日本体育大学ラグビー部女子所属、女子セブンズの日本代表。杉並区出身。令和元年、イタリアのナポリで開催されたユニバーシアード夏季競技大会ではキャプテンとして出場し、日本チームを初優勝へと導いた。

 

 

令和元年度 8月15日号

ゲートキーパー飯田佳子さんの写真

ゲートキーパー 飯田佳子さん
ゲートキーパーとして多くの人の悩みに耳を傾けるほか、自殺予防の普及・啓発に取り組むグループ「風のとびら」で活動中。臨床心理士の仕事では、電話やSNSを利用した命の相談や、産後うつをはじめとする育児中の悩み相談も担当。区内でゲートキーパー養成研修の講師も担う。

令和元年度 7月15日号

認知症サポーターの北原さんと丹野さんの写真

認知症サポーター
認知症に対する正しい知識と理解を持ち、地域で認知症の人やその家族に対して手助けをする「認知症サポーター」。北原さんと丹野さんは、認知症サポーター養成講座の講師として、認知症サポーターを広げる活動にも取り組んでいる。

令和元年度 6月15日号

五味由梨さんの写真

五味由梨さん プロフィール
グラフィックデザイナー。杉並区生まれ。美術系の大学在学中、なみすけで「すぎなみのアニメキャラクター」最優秀賞を受賞。大学院在学中にイギリスへ留学。卒業後はデザイン事務所に勤務。現在はフリーランスのグラフィックデザイナーとして活躍中。

令和元年度 5月15日号

ねじめ正一さんの写真

ねじめ正一さん プロフィール
作家。昭和23年生まれ。昭和56年、詩集「ふ」でH氏賞、平成元年、小説「高円寺純情商店街」で直木賞を受賞のほか、数々の賞を受賞。実家は現在の高円寺純情商店街にあった甲州屋乾物店。熱狂的な長嶋茂雄ファンとしても知られる。

 

このページに関するお問い合わせ

総務部広報課
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表) ファクス:03-3312-9911