57 須賀神社 【神社】(成田東5丁目29番3号)

 

ページ番号1007983  更新日 平成28年1月18日 印刷 

この神社は旧成宗村本村の鎮守で、祭神は素戔鳴命です。社名は祭神が同じ素戔鳴命である出雲の須賀社にちなんだものです。
当社の由緒については、近世初期に社殿を造営したとも、あるいは天慶4年(941)に創建され、慶長4年(1599)に再建されたとも伝えられていますが、安政年間に記録を焼失したため詳かではありません。しかし、いずれにしても近世初期にはすでに建立されていたものと思われます。
江戸時代の当社は牛頭天王社と呼ばれていました。これは素戔鳴命は牛頭天王の垂跡という神仏混淆の考えによるものです。『新編武蔵風土記稿』は、江戸時代の当社について「字本村に鎮座し、社はニ間半に………社から二〇間ばかり離れて鳥居を立つ、例祭は不定、農間に神酒を供す」と記しています。
明治維新後、当社は成宗村の村社として人々の信仰を集め、昭和33年には社殿を新築、同時に旧拝殿を神楽殿に改築するなど、現在の景観を整えました。また境内末社としては御嶽神社と稲荷神社があります。
例祭日は9月第1日曜日です。

昭和58年3月

 

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局生涯学習推進課文化財係
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表) ファクス:03-5307-0693