令和2年度 すぎっこひろば研修

 

ページ番号1060490  更新日 令和2年12月7日 印刷 

第1回「子供園介助員の役割と対応の基礎・基本」

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、中止しました。

第2回「音楽に親しむための導入から歌う楽しさへ」

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、中止しました。

第3回「子どもの笑顔が広がる手遊び」

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、中止しました。

【終了】第4回「特別な配慮を要する幼児の支援(個別相談)」

相談風景

子どもの日頃の様子を伺い、特別な配慮が必要な子どもへの具体的な対応の手立てや、小学校の就学に向けた見通しを話し合いました。

【日時】令和2年7月28日(火曜日) 午前9時~午後3時30分のいずれか30分
【場所】就学前教育支援センター 資料センター
【講師】特別支援教育課 会計年度任用職員(専門職)

【対象】区内の就学前教育施設の保育者
【参加園】6園(区立子供園2園、幼稚園1園、保育所3園)

【終了】第5回「一人一人に応じた発達を促すための教材製作」

パネルシアター作成風景

見ることや、話を聞くことが苦手な特性のある幼児も、保育者が教材の精選や演じ方を工夫することで、見たり聞いたりすることを楽しみ、内容を理解し、お話の世界に引き込まれていきます。
今回は、絵人形を貼ったりはがしたり、動かしたりするなど変化に富み、さまざまに物語が展開できる面白さのある教材として、パネルシアターをつくって演じる方法を学びました。見せる子どもたちの発達段階に応じて、さまざまな工夫することで、どの幼児も夢中になって楽しむことができます。

【日時】令和2年8月4日(火曜日) 午後3時30分~5時
【場所】就学前教育支援センター 資料センター
【講師】特別支援教育課 会計年度任用職員(専門職)

【対象】区内の就学前教育施設の保育者
【参加園】5園(幼稚園1園、保育所4園)

第6回「子供園の直接的体験を豊かなものにする」

対象は区立子供園のみです。

【終了】第7回「人形劇の魅力 作って演じる」

人形劇ならではの表現で、お話しの世界の魅力に触れることをねらいに実施しました。柔らかく、ほつれず、接着しやすいフェルトの特性を生かし、日々の保育に活用できる人形を実際に作って幼児の前で演じて見せました。

【日時】令和2年8月31日(月曜日) 午後2時~5時
【場所】就学前教育支援センター 資料センター、ホール(研修室)
【講師】洗足こども短期大学・鶴見大学短期大学非常勤講師 和気 瑞江さん
【参加園】6園(教育委員会が指定する区立子供園6園を対象に実施)

製作風景
どんな人形を作ろうかな
練習風景
人形の目線が観客と合っているか確認しよう
練習風景
歌に合わせて練習して…
人形劇披露の様子
併設成田西子供園の幼児の前で披露しました

【終了】第8回「パネルシアターの魅力 作って演じる」

パネルシアターならではの表現やお話しの世界の魅力に触れることを目的に開催しました。パネルシアター用Pペーパーや毛糸などの身近がものを使ったパネルシアターづくりを通して日々の保育に活用できるよう、併設成田西子供園の幼児の前で実演もしました。

【日時】令和2年9月11日(金曜日) 午後2時~5時
【場所】就学前教育支援センター 資料センター、ホール(研修室)
【講師】洗足こども短期大学・鶴見大学短期大学非常勤講師 和気 瑞江さん
【参加園】6園(教育委員会が指定する区立子供園6園を対象に実施)

製作風景
思い思いの色を塗って切り抜きます
Pペーパーに貼り付けた様子
表情を変えると友達の気持ちに気付くお話しができます
練習風景
パネルシアターで遊びながら練習します
発表風景
併設成田西子供園の幼児の前で披露しました

【終了】第9回「作って遊ぶ楽しさのために」

製作風景

幼児期の造形活動は、立派なものをつくるための時間ではなく、日々の生活の中にある遊びの一つで、作って楽しむ過程が大切です。
今回は、身近にある「牛乳パック」を使い、幼児が遊びのイメージを膨らませ、自分で試したり、幼児同士で伝えたりできるような教材研究をしました。研修を通して、保育者自身が作って遊ぶ喜びを味わいました。

【日時】令和2年8月28日(金曜日) 午後3時30分~5時
【場所】就学前教育支援センター 資料センター
【講師】就学前教育支援センター 会計年度任用職員(専門職)

【対象】区内の就学前教育施設の保育者
【参加園】6園(区立子供園1園、幼稚園1園、保育所4園)

【終了】第10回「音や音楽で遊ぶ 表現する楽しさへ」

研修風景

楽器遊び、ボディーパーカッションなどを通して、楽器の響きの美しさや、リズムが重なってできる音の楽しさを体験しました。表現する楽しさを保育者自身が味わうことで、遊びを通した総合的な学びにつながる援助を学び、資質・能力の向上を図りました。

【日時】令和2年8月6日(金曜日) 午後3時~5時
【場所】就学前教育支援センター ホール(研修室)
【講師】区立成田西子供園園長
【参加校】7校(教育委員会が指定する区立子供園6園、区立中学校1校)

【終了】第11回「劇遊び イメージの世界の広がりへ」

歌から表現活動を学ぶ様子

日常生活で幼児が感じたことを表現する楽しさから劇遊びへのつながりを学びました。歌や絵本を基にした表現活動を保育者自身が体験し、指導の工夫を図りました。

【日時】令和2年11月2日(月曜日) 午後3時30分~5時
【場所】就学前教育支援センター ホール(研修室)
【講師】区立西荻北子供園園長
【参加校】6園(教育委員会が指定する区立子供園6園を対象に実施)

第12回「歌う楽しさ 合唱フェスティバルに向けて」

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、中止しました。

【受付終了】第13回「子どもの育ちが見える 幼稚園指導要録・保育園保育要録の書き方」

保育者の役割は、保育の中で、一人一人の子どもがよりよく育っていくための援助を行うことです。そのために保育者には、子どもの内面の理解(幼児理解)に加え、子どもが関わりを通してさまざまな経験を積み重ねるための遊びや活動の理解が必要です。
今回は、子どもの育ちを、就学前から小学校へとつなぐ“要録”の書き方の研修を行います。

【日時】令和2年12月14日(月曜日) 午後3時30分~5時
【場所】就学前教育支援センター 資料センター
【講師】就学前教育支援センター 会計年度任用職員(専門職)

【対象】区内の就学前教育施設の保育者
【定員】10名(申込順)

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

 

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局就学前教育支援センター就学前教育係
〒166-0016 東京都杉並区成田西2丁目24番21号
電話:03-5929-9480(直通) ファクス:03-3311-0050