区内医療機関である河北総合病院の職員及び患者に新型コロナウイルスの感染が判明しました(第1報)(3年1月13日)

 

ページ番号1063161  更新日 令和3年1月13日 印刷 

1月13日、区内医療機関である河北総合病院から、職員5名及び患者13名に新型コロナウイルスの感染が判明したとの発表がありました。
12日に職員1名と患者2名の陽性が判明した後、濃厚接触者となった職員及び当該病棟に入院する患者全員に実施したPCR検査において、職員4名と患者11名の感染が判明したものです。今後、陽性者と接触の可能性のある職員及び患者については、すみやかにPCR検査を実施します。
なお、同病院には当該病棟とは別に、新型コロナウイルス感染症患者専用病棟がありますが、医師・看護師及び患者等の往来がないことから、病棟間での感染の可能性は極めて低いと考えられます。

同病院では、新規予定入院と救急の受け入れを停止のうえ、他の診療等については、職員・患者等の体調に十分注意しながら継続します。

 

このページに関するお問い合わせ

杉並保健所保健予防課
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目20番1号
電話:03-3391-1025(直通) ファクス:03-3391-1927