区内の短期入所生活介護施設(高齢者ショートステイ)(1)職員の新型コロナウイルス感染が判明しました(第4報)(2年7月30日)

 

ページ番号1061131  更新日 令和2年7月30日 印刷 

先に、区内の山河短期入所生活介護施設(高齢者ショートステイ)で利用者1名、職員3名が新型コロナウイルスに感染したことをお伝えしたところですが、本日7月30日、新たに調理職員1名の陽性が判明しました。
調理職員は、感染させる可能性がある期間には出勤がないことから、新たに濃厚接触者とみなされる職員、利用者はいません。また、調理職員と、利用者を介護する職員とは、更衣室やトイレなどの動線は分離され、一切接触したことがないことから、先の陽性者から感染した可能性は低いと考えられます。

なお、先の陽性者発生を受けてPCR検査を実施した利用者については、本日30日に全員の陰性が確認されました。現在、滞在する利用者については、濃厚接触者と同様に健康観察を行うこととし、良好な健康状態が継続的に確認された場合には、8月9日から新規受入れを再開する予定です。

 

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部介護保険課指導係
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表) ファクス:03-3312-2339