区内の障害者グループホーム(2)で職員及び入居者の新型コロナウイルス感染が判明しました(第3報)(2年8月14日、21日更新)

 

ページ番号1061277  更新日 令和2年8月21日 印刷 

先に区内の障害者グループホームで、職員1名、入居者1名が新型コロナウイルスに感染したことをお知らせしましたが、その後実施したPCR検査において、職員1名の陽性が判明しました。調査の結果、新たに濃厚接触者となる職員、入居者はいませんが、これまで検査対象としていなかった職員についても、全員PCR検査を実施することとなりました(8月17日、全員の陰性が確認されました)。

なお、濃厚接触者となっていた入居者4名を含む全入居者、及び先の陽性者2名と接触のあった職員については、今回陽性が判明した職員1名を除き、陰性が確認されました(濃厚接触者となっている職員3名についても、8月21日、全員の陰性が確認されました)。

同グループホームでは、引き続き濃厚接触者である職員を自宅待機にするとともに、入居者については感染防止策を講じたうえでグループホームにおいて健康観察を行います。

 

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部障害者施策課管理係
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表) ファクス:03-3312-8808