東京都高齢者安全運転支援装置設置促進事業補助金は4年3月で終了します(3年11月26日)

 

ページ番号1069993  更新日 令和3年11月26日 印刷 

高齢ドライバー向けに自動車の急発進を防ぐ装置の設置費用を東京都がサポートしています

東京都では元年7月から安全運転支援装置(ペダルの踏み間違い等による急発信を抑制するためのもの)の購入・設置にかかる費用を補助していましたが、4年3月で補助制度が終了します。
補助対象となるのは、装置を令和4年3月31日までに購入・設置した場合で、費用の5割(1台当たり6万円まで)を東京都が補助します。
補助制度終了直間際(4年3月)は取扱事業者(店舗等)が大変混み合いますので、早めの相談・予約をおすすめします。

対象となる高齢運転者の要件

要件を全て満たす必要があります

  • 都内在住で3年度中に70歳以上となる方(昭和27年4月1日以前に生まれた方)
  • 運転免許証を有する方
  • 装置を設置しようとする自動車が自家用であること
  • 一般社団法人次世代自動車振興センターが実施する「安全運転サポート車普及促進事業補助金」による控除を受けていないこと

など

取扱事業者の一覧

ご希望の方は、取扱事業者の店舗にご相談ください。

事業者の一覧・連絡先は、以下リンク「高齢者安全運転支援装置設置促進事業補助金(東京都都民安全推進本部ホームページ)」のページをご確認ください。

補助制度の問い合わせ先

東京都 都民安全推進本部 総合推進部 交通安全課 電話:03-5321-1111 内線21-799

(注)装置の対応車種、性能や在庫状況等は、取扱事業者にお問い合わせください。

 

このページに関するお問い合わせ

都市整備部杉並土木事務所交通安全係
〒166-0015 東京都杉並区成田東3丁目17番30号
電話:03-3315-4178(直通) ファクス:03-3316-9932