児童手当の制度改正に伴い受給資格が消滅した方へ(4年9月1日)

 

ページ番号1073787  更新日 令和4年9月1日 印刷 

児童手当の制度改正に伴い受給資格が消滅した方へ、消滅通知を発送しました

令和4年9月1日(木曜日)に、児童手当の制度改正に伴い受給資格が消滅した方へ「児童手当・特例給付支給事由消滅通知書」を発送しました。今後も児童手当等の受給資格が消滅または申請が却下になった方へ、順次通知書を送付します。

【重要】令和4年6月1日より、児童手当法施行規則の一部を改正する内閣府令の施行に伴い、児童手当は令和4年6月分(10月支給分)から、以下のように制度を変更しました。

  1. 所得上限額が設けられます
  2. 現況届の提出が、原則、不要になります
  3. 各種変更届の提出が必要になります

制度改正の詳しい内容や所得上限額については、以下リンク先をご覧ください。

所得が上限額を超えたことにより、令和4年6月分以降の児童手当等の受給資格が消滅または申請が却下になった方へ

今後の児童手当等の申請について

受給者または配偶者の所得額が、所得上限限度額を超えたことにより、児童手当等の受給資格が消滅した方、または申請が却下になった方の中で、以下に該当する場合は、期限内に再度児童手当等の申請が必要です。

  1. 来年度以降、所得が上限限度額未満になった場合
    納税通知書等(通知書名称は自治体によって異なる場合があります)を受け取った日の翌日から15日以内に、「児童手当・特例給付 認定請求書」を提出してください。
  2. 所得の更正や扶養人数の修正を行ったことにより、所得が上限限度額未満になった場合
    税額決定通知書等(通知書名称は自治体によって異なる場合があります)を受け取った日の翌日から15日以内に、「児童手当・特例給付 認定請求書」を提出してください。
    (注)所得の更正や扶養人数の修正申告を行った場合は「児童手当・特例給付 認定請求書」の提出が不要な場合がありますので、子ども医療・手当係へご相談ください。

申請場所

窓口で申請する場合

  • 子ども家庭部管理課子ども医療・手当係(区役所東棟3階)
  • 区民事務所

郵送で申請する場合

郵送先:〒166-8570 杉並区阿佐谷南1丁目15番1号 杉並区役所 子ども家庭部管理課子ども医療・手当係

請求にあたってご注意ください

  • 通知書等を受け取った日の翌日から15日を過ぎてから申請した場合、支給開始月が遅れますのでご了承ください。
  • 郵送の場合は子ども医療・手当係に届いた日が「申請日」となります。郵送による未着・延着についての責任は負いかねます。

 

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部管理課子ども医療・手当係
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表)、03-5307-0785(直通) ファクス:03-5307-0686