平成30年度すぎなみ小・中学生未来サミット

 

ページ番号1044592  更新日 平成30年10月16日 印刷 

 この事業は、中学校及び中学校と連携する小学校が協力しながら、学校生活をよりよくするために、いじめをはじめとした子どもたちの身の周りの問題について、情報や意見交換を行い、考えを深めていく取り組みです。

 平成25年度に「中学生生徒会サミット」として始まったこの取り組みが、平成28年度から小学生も交えた「すぎなみ小・中学生未来サミット」となり、昨年度は初めて区立全小・中学校代表の子どもたちが一堂に会するようになりました。

本年度は「明日も行きたくなる学校 人間関係をよくするために」をテーマとして全ての杉並区立小・中学校の代表の児童・生徒が話し合いを行う計画を進めておりました。7月28日(土曜日)、セシオン杉並での開催を予定し、準備を進めておりましたが、台風12号の上陸により開催を見送ることにいたしました。参加、参観を予定していた児童・生徒の皆さん、地域の皆様には大変、残念な結果になってしまい、申し訳ありませんでした。

 7月23日にはサミット本番での話し合いに向けて「プレサミット」を開催しました。パネリスト校になる中学校の生徒たちが運営の中心となり、評論家(NPO法人ストップいじめ!ナビ代表理事)荻上チキ氏をファシリテーターとして迎え、パネルディスカッションを行いました。各校の取り組み紹介の後、挨拶に関わる活動はなぜ多くの学校で行われているか、全校みんなが前向きになるにはどうすればよいか等、根本を問い直す議論となり、白熱した意見交換がなされました。

 区内の小・中学校では「明日も行きたくなる学校」について連携校で行った取り組みの発表の準備をしていました。サミット当日にはこれらをポスターセッションの形で発表する予定でした。

 完成したポスターは11月26日から30日にかけて区役所1階展示スペースにて展示いたします。(下記のリンクより報告書(PDF形式)の形でポスターをご覧いただくことができます。)

 各小学校と中学校の連携した活動を見ていただける機会となっております。ぜひ、ご覧にいらしてください。

平成30年度サミット画像1
取り組み紹介について話し合う中学生
平成30年度サミット画像2
プレサミットに向けた予行練習
平成30年度サミット画像3
プレサミットの様子
平成30年度サミット画像4
活発に発言が交わされる会場
平成30年度サミット画像5
会場の意見を問う意思表示カードの活用
平成30年度サミット画像6
ファシリテーターの荻上チキ氏

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

 

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局済美教育センター
〒166-0013 東京都杉並区堀ノ内2丁目5番26号
電話:03-3311-0021(直通) ファクス:03-3311-0402