施設案内 馬橋公園

 

ページ番号1007186  更新日 平成29年4月1日 印刷 

バリアフリー対応状況:

  • 車いすトイレがあります
  • 点字案内があります
  • 点字ブロックがあります
  • AEDがあります
  • アイコンの説明(新しいウィンドウで開きます)

点字ブロックは、入口からトイレまでと、入口から管理事務所までに設置

施設情報

写真:馬橋公園

住所
〒166-0002 杉並区高円寺北4丁目35番5号
開園年月日
昭和60年3月30日
面積
19,261.23平方メートル
その他
トイレ有り、誰でもトイレ有り、流れ有り
公園の概要
  • 気象研究所の跡地
    国立の気象研究所が筑波に移転した跡地につくった公園です。
    国は払い下げの条件として、次の2つを提示しました。
    (1)防災空地を兼ねた公園として整備する
    (2)防災機能を高めるため周辺の不燃化まちづくりを推進する
    そこで杉並区としては、不燃化の促進、道路の整備、居住環境の整備を3本の柱とした「不燃化まちづくり計画」をまとめ、この計画に基づいて公園をつくりました。
    公園施設については、個性的な6つの広場で構成し、全体にわたって防災対策をたてているのが特徴です。
  • 多目的広場
    敷地の中央に広い空間を占めているのが、扇形をした「多目的広場」。
    周りには低いネットフェンスがめぐらされており、子供達が野球場として利用しています。
    そのほか地域の催しにも利用できます。
  • 四季の広場
    公園の南端にあるのが「四季の広場」周りに、四季おりおりに装いを変える樹木が植えられているので、この名があります。
    スズカケが立つ広場は、平らに整地されゲートボールなどに利用さています。
    この広場と多目的広場の管理は教育委員会が行っています。
  • ちびっこ広場
    幼児向けの遊具と流れが主体の遊び場です。
    舗装されたテラスに赤レンガの柱のパーゴラが建ち、付近には砂場やすべり台があります。
    広場に彩りを添えるのは、四季の花が咲く花壇とユリノキ、サクラなどの木立。
    その中をぬって岸辺に自然石がならぶ流れがあります。
    夏は子供達の水遊びの場として親しまれています。
  • 水辺の広場
    ちびっこ広場の流れの下流にあり、流れと池からなる水と緑の空間です。
    池の岸は、大きな石でつくられ、ほとりに立つヤマモミジなどの樹木が影を落としています。
    かたわらにはあずまやが建ち、落ち着いて景色を眺めることができます。
  • 疎林広場
    池の東側は武蔵野の面影を再現した雑木林に囲まれた築山で「疎林広場」と呼ばれています。
    その頂上は少し開けていて、大型の複合遊具があります。
  • 管理棟前広場
    事務室、機械室、トイレからなる管理棟の前にある広場です。きれいに舗装された明るい空間で、催しものにも使われています。
  • 防災対策
    周辺市街地の不燃化にあわせて、公園も防災対策をほどこしており、災害時には一時避難地となります。
    シイノキ、シラカシ、タブノキなどの防火樹林をもうけたのをはじめ、ゲートシャワー・スプリンクラーなどの散水装置や備蓄倉庫をそなえています。
  • 雨水流出抑制対策
    多目的広場は、周辺より一段低くもうけられ、雨水が地下に浸透・貯溜するしくみになっています。
    また、浸透桝・浸透地下埋管を設置した浸透方式により、雨水が公園の外に流出しないように配慮しています。
  • この公園は国有地の無償貸付を受けています。

地図

施設ID 60110406

地図:馬橋公園

 

このページに関するお問い合わせ

都市整備部みどり公園課管理係
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表) ファクス:03-5307-0697