高齢者とそのまわりの方に気を付けてほしい消費者トラブル 最新10選

 

ページ番号1077718  更新日 令和4年9月28日 印刷 

全国の消費者センター等に寄せられた相談や、これまでの公表資料などから、高齢者と高齢者を見守る方々に向けて「今、特に気を付けてほしい消費者トラブル」を国民生活センターがまとめました。
消費者トラブルはひとごとではありません。自分は大丈夫と思いこまず、日頃からいろいろな消費者トラブルについて知っておきましょう。

高齢者の消費者トラブルを防ぐためには、身近にいる家族など、まわりの方が日頃から本人の生活や言動、態度などの様子を見守り、変化にいち早く気付くことがとても重要です。
不審な電話や訪問を受けた時の対応、どこに相談したらよいかなどについて、話し合っておきましょう。

高齢者とそのまわりの方に気を付けてほしい消費者トラブル 最新10選

  1. 屋根や外壁、水回りなどの「住宅修理」
  2. 保険金で住宅修理できると勧誘する「保険金の申請サポート」
  3. 「インターネットや電話、電力・ガスの契約切替」
  4. 「スマホ」のトラブル
  5. 健康食品や化粧品、医薬品などの「定期購入」
  6. パソコンの「サポート詐欺」
  7. 「架空請求」、「偽メール・偽SMS」
  8. 在宅時の突然の「訪問勧誘、電話勧誘」
  9. 「不安をあおる、同情や好意につけこむ勧誘」
  10. 便利でも注意「インターネット通販」

契約について不安に思ったり、トラブルにあった時は、できるだけ早く消費者センターに相談しましょう。

消費者センターへは家族やホームヘルパー、地域包括支援センターなどの職員からでも相談することができます。被害の拡大を防ぐために、身近な高齢者がトラブルにあっているのではないかと気づいた場合は、できるだけ早く相談してください。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

 

このページに関するお問い合わせ

区民生活部管理課消費者センター
〒167-0032 東京都杉並区天沼3丁目19番16号 ウェルファーム杉並複合施設棟3階
電話:03-3398-3141(直通)、03-3398-3121(相談専用:平日午前9時~午後4時) ファクス:03-3398-3159