使用済み小型家電15品目の拠点回収

 

ページ番号1004903  更新日 令和3年4月1日 印刷 

小型家電の中には、金・銅等の有用金属やパラジウム等の希少金属が含まれているものがあり、区ではこれらの限りある資源の有効活用のために、拠点回収を行っています。

回収品目

携帯電話、デジタルカメラ、ポータブルビデオカメラ、携帯音楽プレーヤー、携帯ゲーム機、電子辞書、ポータブルカーナビ、卓上計算機、ACアダプター等コード類、電話機、ファクシミリ、ラジオ受信機、ヘアードライヤー、電気かみそり、炊飯器

注意事項

  1. 対象品目以外は回収できません。
  2. 携帯電話等の個人情報は消去してください。SDカード等の記憶媒体や電池類はできるだけ取り除いてください。
  3. 回収品目であっても、最大辺が30センチメートルを超えるものは粗大ごみです。粗大ごみ受付センターへお申し込みください。

粗大ごみについては、「粗大ごみの出し方・申し込み方法」をご覧ください。

回収拠点

持ち込める時間は各施設の開設時間です。

  • ごみ減量対策課(区役所西棟7階)
  • 杉並清掃事務所
  • 杉並清掃事務所方南支所
  • 杉並清掃事務所高円寺車庫
  • 環境活動推進センター(リサイクルひろば高井戸)
  • 柿木図書館

回収した使用済み小型家電のゆくえ

皆様から回収した使用済み小型家電は、選別・分解したうえで、資源化事業者へ引渡しています。

【選別】
回収した小型家電は、携帯電話、デジタル家電(携帯音楽プレーヤー・デジタルカメラ・電子辞書・ポータブルビデオカメラ・ポータブルカーナビ・卓上計算機・電話機・ファクシミリ・ラジオ受信機)、家電(ヘアードライヤー・電気かみそり・炊飯器)におおまかに選別します。

小型家電15品目の例示写真
回収した使用済み小型家電15品目

携帯電話、デジタル家電、家電の例示写真

大まかに選別したのち、電池、コード類、ACアダプターなどを取り除きます。

取り除かれた電池など、コード類の写真

【分解】
銅線や基板などを回収できる小型家電は、分解します。
ここでは、炊飯器の分解をご紹介します。

コード類の回収:コード類は、銅線が含まれているものもあり、資源化に適しています。

炊飯器から出ているコードの切断の様子
コードの切断
写真:分解していると中からコードが出てきました
分解の過程で出るコード

基板の回収:基板には希少金属が用いられていることがあるため、蓋に付いている基板も取り外します。


基盤を回収している様子


銅線の回収:IHの炊飯器には多くの銅線が使われています。IH炊飯器を分解する目的はこの銅線の回収といっても過言ではありません。


炊飯器の中にたくさん入っている銅線の写真

外された銅線の写真


分解終了:1つの炊飯器を分解するとコード、金属、基板、銅線、モーター、プラスチックに分かれます。


分解された炊飯器の写真


【参考】令和2年度の引渡し量
再資源化量:13,339キログラム

内訳
種類 引渡し量
携帯電話・PHS 433キログラム
小型デジタル家電ACアダプター 3,619キログラム
基盤 27キログラム
モーター・トランス 0キログラム
コード類 2,002キログラム
銅線 8キログラム
銅線(低品位) 0キログラム
金属複合物 6,194キログラム
ハードディスク 0キログラム
その他金属 983キログラム
二次電池等 73キログラム

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

環境部ごみ減量対策課事業計画係
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表) ファクス:03-3312-2306