ちょっとヘンだぞふるさと納税

 

ページ番号1032449  更新日 令和3年4月1日 印刷 

ふるさと納税は、自治体への「寄附」です

「納税」という言葉がついていますが、あくまでも「寄附」で、ふるさとなどの自治体への納税ではありません。

自治体へ寄附をすると、寄附額から2千円を除いた額が税金から控除され、今住んでいる自治体に納める住民税が減額されます。

「ふるさと納税」は地方税制度の根幹にかかわる問題を抱えています

住民税などの地方税は、自治体が提供する行政サービスの費用をその自治体の住民が負担し合う仕組みです。
ところが、「ふるさと納税」をすると、本来、皆で分かち合うはずの行政サービスの費用負担の一部を、しなくてすみます。この結果、行政サービスの財源は減ることになり、このような状態が長く続けば、行政サービスの低下につながりかねない事態に及ぶことが懸念されます。このように「ふるさと納税」は地方税制度の根幹にかかわる問題を抱えているといえます。

令和2年度 杉並区は24.8億円の減収

杉並区の住民税は、ふるさと納税により令和2年度は約24億8千万円の減収となり、前年度の約24億7千万円と横ばいになりました。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

 

このページに関するお問い合わせ

区民生活部管理課ふるさと納税担当
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表) ファクス:03-5307-0692