被災地支援

 

ページ番号1032467  更新日 令和2年4月1日 印刷 

日本フィルハーモニー交響楽団が、東日本大震災直後の2011年4月から復興支援のために継続して行っている「被災地に音楽を」の活動を、ふるさと納税制度を活用して区も応援します。

日本フィル「被災地に音楽を」の活動支援

杉並区は、区内に事務局がある日本フィルハーモニー交響楽団と平成6年に協定を結び、さまざまな音楽文化の発信に取り組んできました。
日本フィルハーモニー交響楽団は、東日本大震災以降、区の交流自治体である南相馬市などを訪れ、音楽を通じた被災地支援として「被災地に音楽を」の活動を200回以上行っています。日本フィルは、今後もこの活動を続けていく方針です。
皆さんから頂いたご寄附は、日本フィルが継続的に「被災地に音楽を」の活動を進めていくために活用します。
なお、この活動へのご寄附に対する返礼品のご用意はありません。

避難所で演奏をする日本フィルの写真
避難生活を送る被災地の方々が、日本フィルの演奏に聴き入りました。

被災地にフルオーケストラコンサートを届けるために

これまでの「被災地に音楽を」の活動では、多額の経費を必要とするフルオーケストラコンサートを実施できませんでした。
一口1千万円以上のご寄附で、南相馬市にフルオーケストラの演奏を届けることができます。
なお、この活動へのご寄附に対する返礼品のご用意はありません。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

 

このページに関するお問い合わせ

区民生活部管理課ふるさと納税担当
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表) ファクス:03-5307-0692