【第3回】区立施設にかかるお金と『シセツサイヘン』(平成29年9月1日号掲載)

 

ページ番号1040158  更新日 平成30年3月29日 印刷 

イラスト:区職員

現在約600ある区の施設を、同じ数・大きさで建て替えたり直したりしたら、その
費用は30年間でどれくらいかかると思う?


イラスト:子ども

う~ん。一体どれくらいだろう。とにかくすごい金額だよね。


イラスト:区職員

そうだね。26年の試算では、約2,779億円にもなるんだ! 1年あたり約93億円。それまでの10年間の平均は約52億円だったから、その倍に近い金額になるね。それに加えて、施設の管理費や人件費などにも毎年300億円以上かかるから、実際にかかる金額は400億円ほどになってしまうんだよ。


イラスト:子ども

1年で400億円!? 僕のおこづかいからは、想像もつかないなぁ。


イラスト:母親

前回聞いたけど、これからはさらに高齢者が増えて医療や介護にも、もっとお金がかかってくるという話でしたよね。


イラスト:区職員

医療や介護などの費用は、27年度までの10年間で約329億円から600億円へと大きく増えています。今後も人口構造が変化して、税収が減少すれば、施設に使えるお金は限られてきます。ですから、これから先、どんな施設が本当に必要になるのか考えるとともに、施設サービスを工夫して効率的に提供していく必要があるのです。


 

このページに関するお問い合わせ

政策経営部企画課施設再編・整備担当
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表) ファクス:03-3312-9912