【第6回】『シセツサイヘン』の取り組みの基本方針について(2)(平成29年12月1日号掲載)

 

ページ番号1040162  更新日 平成30年3月29日 印刷 

イラスト:区職員

今回は、基本方針の1つである「複合化・多機能化等による効率化の推進」について、これから作る図書館と地域コミュニティ施設の複合施設を例に説明するね。


イラスト:子ども

図書館は分かるんだけど、「地域コミュニティ施設」って何?


イラスト:区職員

地域の人たちの会議や趣味の活動で使える集会室・多目的室などのほか、誰でも自由に使えるラウンジもある、そんな施設なんだ。


イラスト:母親

図書館とその施設を複合化・多機能化することで、どんなメリットがあるのかしら?


イラスト:区職員

利用者にとっては、図書館で今まで通り静かな環境で調べものもできますし、これに加え、図書館の本を地域コミュニティ施設に持ち込んで、飲食をしながら読書や勉強、打ち合わせができるなど、より自由な使い方ができるようになります。


イラスト:母親

あら、それは便利になるわね。


イラスト:区職員

また、施設の運用に当たっては、受付窓口やロビーなどを共用することができるほか、図書館で行っている講演会などのイベントを地域コミュニティ施設の集会室で実施できるなど、効率化を図れるというメリットもあるんです。


 

このページに関するお問い合わせ

政策経営部企画課施設再編・整備担当
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表) ファクス:03-3312-9912