緊急医療救護所

 

ページ番号1017296  更新日 令和1年12月5日 印刷 

緊急医療救護所の開設

大規模な災害が発生し多数の負傷者が想定される場合は、区では従来、震災救援所に併設した医療救護所において医療救護を行う体制でしたが、発災直後から超急性期(発災後72時間)までは、災害拠点病院および災害拠点連携病院等の敷地内に緊急医療救護所を開設し、トリアージおよび軽症者の治療を行う体制に変更いたしました。

なお、緊急医療救護所に負傷者を搬送する間も、止血や人工呼吸などの救命処置を必要とする場合がありますので、普段から多くの方が応急救護訓練を受けておくことが望まれます。

「応急救護訓練」や「講習」などについては、東京消防庁のホームページを参照してください。

緊急医療救護所が開設される病院

災害拠点病院

  • 荻窪病院 杉並区今川3丁目1番24号
  • 佼成病院 杉並区和田2丁目25番1号

災害拠点連携病院

  • 河北総合病院 杉並区阿佐谷北1丁目7番3号
  • 東京衛生アドベンチスト病院 杉並区天沼3丁目17番3号
  • 城西病院 杉並区上荻2丁目42番11号
  • 山中病院 杉並区南荻窪1丁目5番15号
  • 清川病院 杉並区阿佐谷南2丁目31番12号
  • 浜田山病院 杉並区浜田山4丁目1番8号
  • 浴風会病院 杉並区高井戸西1丁目12番1号
  • ニューハート・ワタナベ国際病院 杉並区浜田山3丁目19番11号

災害拠点協力病院

  • 救世軍ブース記念病院 杉並区和田1丁目40番5号

 

このページに関するお問い合わせ

杉並保健所健康推進課管理係
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目20番1号
電話:03-3391-1355(直通) ファクス:03-3391-1377