特殊詐欺の手口とチェックシート

 

ページ番号1061706  更新日 令和3年7月12日 印刷 

特殊詐欺被害にあわないために

特殊詐欺の種類と手口

詐欺グループはそのときの世情にあった手口を用い、巧妙にお金をだまし取ろうとします。
詐欺被害にあわないためには、手口について知っておくことが大切です。
警視庁のホームページに特殊詐欺の種類と手口について掲載がありますのでご覧ください。

警視庁犯罪抑止対策本部「特殊詐欺根絶アクションプログラム・東京」のホームページでは、犯行に使われた電話の音声を聞くことができます。あらかじめ聞いておくことで、本当に犯人から電話があった際 落ち着いて対応することができるでしょう。以下のサイトでお聞きいただけます。

YouTube「杉並区公式チャンネル」の「すぎなみスタイル」で、特殊詐欺の手口や注意するポイント
対策などをわかりやすく解説しています。ぜひご覧ください。

詐欺電話チェックシート

詐欺電話チェックシートイメージ
特殊詐欺被害にあわないために自分でチェックして確認するためのシートです

電話のそばにチェックシートを置いて、相手の話を聞きながら確認してみましょう。詐欺だと思ったら、すぐに電話を切ってください。対応しないことが大切です。
詐欺かどうかわからなくて不安になったときは、一旦電話を切り、「振り込め詐欺被害ゼロダイヤル」(区の24時間対応専用電話:5307-0800)または警察にご相談ください。

「詐欺電話チェックシート」は区役所東棟5階危機管理対策課の窓口、および巡回安全パトロールステーションで
配布しています。または以下のファイル(PDF)を印刷してご利用ください。

窓口配布用詐欺電話チェックシート(詐欺対策リーフレット)
リーフレット型で、外側は詐欺被害対策のご案内、内側が詐欺電話チェックシートになっています。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

 

このページに関するお問い合わせ

危機管理室危機管理対策課地域安全担当
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表) ファクス:03-3312-3326