ふるさと・杉並の曲 交響詩「鼓吹の桜」

 

ページ番号1073750  更新日 令和4年6月28日 印刷 

ピアノを弾くナミーのイラスト

杉並区区制施行90周年を記念して、「ふるさと・杉並」をイメージした曲を日本フィルハーモニー交響楽団協力の下、日本を代表する作曲家、福島 弘和さんに作曲していただきました。

記念曲の名は、交響詩「鼓吹(こすい)の桜」

「元気づけ励ます」という意味を持つ「鼓吹」と、杉並区を南北に流れる善福寺川の「桜」から名付けらたこの記念曲は、杉並のさまざまな風景が織り込まれています。また、交響詩「鼓吹の桜」は、聴いて楽しむだけではなく、室内楽や吹奏楽でもみなさんが演奏して楽しめる曲でもあります。
区では今後、区公式YouTubeに交響詩「鼓吹の桜」の室内楽版、吹奏楽版、オーケストラ版の演奏動画を掲載する予定ですので、ぜひご覧ください。

作曲者 福島 弘和(ふくしま ひろかず)さん
オーケストラ、吹奏楽を中心に作曲活動をする。平成10年「稲穂の波」、平成12年「道祖神の詩」が全日本吹奏楽連盟の課題曲として採用される。平成11年に朝日作曲賞(一般社団法人 全日本吹奏楽連盟)、平成19年・24年・25年・27年・令和元年に下谷奨励賞(公益社団法人 日本吹奏楽指導者協会)、平成22年に日本管打・吹奏楽アカデミー賞(作・編曲部門)の各賞を受賞。
主な作品:交響曲ト調、シンフォニエッタ、同第2番「祈りの鐘」、同第3番「響きの森」、ラッキードラゴン 第五福竜丸の記憶、百年祭、協奏曲、語りと音楽の作品、など多数 

杉並区と日本フィルの友好提携
平成6年7月、音楽を通した区民の豊かな交流と地域文化の振興に向けて互いに協力することを目的として、杉並区と日本フィルハーモニー交響楽団は友好提携を結びました。令和元年に25周年を迎えた友好提携を礎に、日本フィルと杉並区はこれからも、杉並公会堂での「日本フィル杉並公会堂シリーズ」の公演や出張音楽教室、区役所ロビーコンサート、公開リハーサルの開催などを通じて、区の文化活動の振興に努めます。

交響詩「鼓吹の桜」今後の演奏予定は、リンク先のページでお知らせしています。

 

このページに関するお問い合わせ

総務部総務課記念事業担当
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表) ファクス:03-3312-9912