児童青少年センター(ゆう杉並)

 

ページ番号1004759  更新日 令和3年9月17日 印刷 

児童青少年センター(ゆう杉並)は、事務室および受付の全熱交換器の取り換えに伴う電気工事を実施するため、令和3年10月24日(日曜日)、31日(日曜日)、11月7日(日曜日)、14日(日曜日)、21日(日曜日)、28日(日曜日)、12月5日(日曜日)は終日休館します。
また、空調機設備入れ替え工事のため、令和3年11月15日(月曜日)から12月5日(日曜日)まで、2階の全室を閉室します。
ご迷惑をおかけしますが、皆様のご理解とご協力をお願いします。

引き続き、新型コロナウイルス感染症の感染予防及び感染拡大防止のため、最大限のご協力をお願いします。
新型コロナウイルス感染予防及び感染拡大防止の取り組みに、ご理解とご協力をいただき、ありがとうございます。
現在、ゆう杉並では、感染防止対策を適切に講じていく必要があるため、利用制限等を行いながら運営を行っています。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
また、引き続き、利用される際の基本的な感染症対策の徹底にご協力をお願いいたします。

ゆう杉並は、中学生・高校生が文化や芸術、スポーツなど自主的な活動をし、活き活きと交流できる居場所です。

所在地

写真:ゆう杉並の外観

〒167-0051 杉並区荻窪1丁目56番3号
電話:03-3393-4760
(注)開館日・時間、交通、利用方法、施設内のご案内等は下記の施設案内のページをご覧ください。

事業概要

自主企画事業

中学生・高校生が「やってみたいこと」を企画立案から事業実施まで自分たちの手で行う事業です。令和元年度は「ACTIVE FESTA」「バンドライブ」「ダンスライブ」「ゲーム大会」「ダーツ大会」「カードゲーム大会」等、さまざまな企画が実現しました。

中・高校生運営委員会

ゆう杉並には、中学生・高校生によって組織された「中・高校生運営委員会」があります。委員は「公募」や「学校推薦」により参加し、おおむね20名程度で構成されています。
委員会では、以下のような活動を行っています。

  • 利用者から施設運営などについての意見を集める
  • 施設の運営に対して、利用者を代表して意見を述べる
  • 首都圏の中学生・高校生団体との交流・会議
  • 委員会独自の自主企画イベントなどを実施する

講座

ゆう杉並では、中学生・高校生を対象にしたさまざまな講座を実施しています。

令和元年度の主な実施例

  • ギター・ベース・ドラム・ボーカル等の講座(ゆう杉並以外での出張レッスンも実施)
  • ダーツ講座
  • ヒップホップ・ブレイクダンス講座

講習会

ゆう杉並の施設を使用する場合、部屋によっては事前に講習会を受講する必要があります。

  • 団体利用者講習会
    体育室やホールなどを団体で占有利用する場合。
  • スタジオ利用者講習会
    音楽機材を常設しているスタジオ1、2を団体利用する場合と、スタジオ3でアンプ類を使用する場合。
    (注)その他、音響・映像・PA・照明・ペンタブ等の講習会があります。

オフィシャルチーム

オフィシャルチームとはゆう杉並を拠点に活動するメンバー制のチームです。学校や学年、地域を越えて共通の興味を追求する仲間と活動します。練習を重ねて技術を高め、仲間関係を深めていくと同時に、出演依頼を受け、地域の施設での催しに参加することもあります。
令和元年度はオフィシャルボーカル、オフィシャル演劇、オフィシャルアニメ、オフィシャル鉄道の活動がありました。ボーカルチームは「阿佐谷ジャズストリート」に参加、演劇は地域の高齢者施設で出張公演、アニメは制作会社見学、鉄道はチャリティー鉄道写真展への参加や地域の児童館への出張事業を行いました。

定例活動

事前申し込みをせず、当日自由に参加できる、人数制限を設けない事業「定例活動」も実施しています。

令和元年度実施例

  • 3メートル・6メートルクライミング:3メートルは気軽に参加できます。6メートルは講師の先生が教えてくれます。
  • バスケットボール・バドミントン・フットサル・ニュースポーツ:当日参加の集いの活動。

その他

定期あるいは不定期にいろいろな行事を実施しています。

令和元年度実施例

  • スペースピア:大学生のピアサポーターと気楽におしゃべりを楽しむ時間。
  • 地域交流事業:「地域ふれあいデー」を実施。

 

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部児童青少年課
〒167-0051 東京都杉並区荻窪1丁目56番3号
電話:03-3393-4760(直通) ファクス:03-3393-4714