雨水流出抑制対策

 

ページ番号1005066  更新日 令和3年4月1日 印刷 

区では、水害の軽減を図るため、総合治水対策の一環として、河川の改修や下水道の整備と合わせて、雨水の流出抑制対策を進めています。

昭和58年6月に「杉並区雨水流出抑制対策推進要綱」を定め、公共施設(道路、公園、学校など)を中心に雨水流出抑制施設を設置してきました。

また、区全域で取り組む事を目標に、平成6年3月に「杉並区雨水流出抑制施設設置指導要綱」を定め、民間施設においても、建物の新築や増改築の建築確認申請時に、雨水流出抑制施設の設置について協力を要請しています。

さらに、「杉並区雨水浸透施設設置助成金交付要綱」により、個人の住宅等に雨水浸透施設を設置される方に工事費の一部を助成しています。

「杉並区雨水流出抑制対策推進要綱」と「杉並区雨水流出抑制施設設置指導要綱」は、下記のページから「杉並区例規集・要綱集」をご覧ください。

雨水流出抑制対策をご案内しているパンフレット「雨水流出抑制の手引き」は、下記をご覧ください。

雨水浸透施設設置の助成金のパンフレット「雨水浸透施設設置助成金のご案内」は下記をご覧ください。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

 

このページに関するお問い合わせ

都市整備部土木計画課土木調整グループ
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表) ファクス:03-3316-2470