ひとり親家庭休養ホーム

 

ページ番号1004871  更新日 令和3年4月1日 印刷 

ひとり親家庭が、休養やレクリエーションのために区の指定施設を利用するときに、利用料金の一部を助成します。
宿泊施設と日帰り施設があります。
(注意)各施設の営業状況を確認のうえ、申請してください。

対象となる方

区内在住のひとり親家庭の親と児童(20歳未満)

宿泊施設利用

  • 1年間(4月1日から翌年の3月31日)に、1人2泊まで利用できます。
  • 杉並区と契約している施設(下記施設一覧参照)を利用した場合、1人1泊6,500円を限度として宿泊料金の一部を助成します。

(注意)

  • 宿泊料金が、6,500円を超えない場合は、その額が区の助成額です。
  • 次の料金は、利用された方の負担となります。
    入湯税、追加の食べ物・飲み物料金等
  • 「コニファーいわびつ」「富士学園」「弓ヶ浜クラブ」を利用される方は、「杉並区民の宿泊補助」との併用はできません。

利用方法

  1. 施設へ予約する。
    • 利用を希望する施設に電話、ファクス、または公式サイトで予約する。
      (注意)
    • 助成が適用されるのは、予約時に『杉並区ひとり親家庭休養ホームを利用する』旨の申出があった場合に限ります。
    • 電話予約の際は、必ず『杉並区ひとり親家庭休養ホームを利用する』と伝えてください。
    • ファクスや公式サイトで予約する場合は、必ず『杉並区ひとり親家庭休養ホームを利用する』と記載してください。
  2. 利用券の交付を受ける。
    • 子ども家庭部管理課ひとり親家庭支援担当(区役所東棟3階)または福祉事務所(区内3所)の窓口で、利用券交付申請書を記入し、利用券(宿泊施設に提出するもの)の交付を受ける。
    • ひとり親家庭であることが確認できる書類(児童扶養手当証書、児童育成手当認定通知、ひとり親医療証、戸籍謄本など)を持参する。
  3. 施設を利用する。
    • 施設に到着しチェックインの際、利用券をフロントへ提出する。
    • チェックアウトの時に、助成額を差し引いた精算額を支払う。

郵送での申請

宿泊施設の利用券交付申請は、郵送での申し込みも受け付けています。
便箋などに「杉並区ひとり親家庭休養ホーム利用券交付申請書」と明記し、下記の(A)~(G)を記入し、必要書類を同封のうえ、子ども家庭部管理課ひとり親家庭支援担当宛にお送りください。
郵送でのやりとりですので、利用日までの期間に余裕をもって申請してください。

送付先
子ども家庭部 管理課 ひとり親家庭支援担当
〒166-8570 杉並区阿佐谷南1丁目15番1号

ひとり親家庭であることが確認できる書類(児童扶養手当証書、児童育成手当認定通知、ひとり親医療証、戸籍謄本など)のコピーと、切手を貼った返信用封筒を必ず同封してください。

(A)申請年月日
(B)申請者の住所・氏名・電話番号
(C)利用者の氏名・年齢・申請者との続柄
(D)利用施設名
(E)利用年月日
(F)宿泊数
(G)予約年月日

宿泊施設一覧

奥多摩の風 はとのす荘(東京都多摩軍奥多摩町棚沢662)

国民宿舎 サンライズ九十九里(千葉県山武郡九十九里町真亀4908)
(1泊2食付きプランに限る)

ホテル 伊東ガーデン(静岡県伊東市松原665)
(1泊2食付きプランに限る)

国民宿舎 伊豆熱川荘(静岡県賀茂郡伊豆町奈良本969-1)

伊豆まつざき荘(静岡県賀茂郡松崎町江奈210-1)
(1泊2食付きプランに限る)

区民宿舎 両神荘(埼玉県秩父郡小鹿野町両神小森707)
(1泊2食付きプランに限る)

湯の里 杉菜(神奈川県足柄下郡湯河原町宮上279)

コニファーいわびつ(群馬県吾妻郡東吾妻町大字原町4399)

富士学園(山梨県南都留郡忍野村忍草2997)
(1泊2食付きプランに限る)

弓ヶ浜クラブ(静岡県賀茂郡南伊豆町湊781)

休暇村 35カ所
(キャンプ場・コテージの利用は対象外)

日帰り施設利用

1年間(4月1日から翌年の3月31日)に、1人1枚1,500円の利用補助券(利用券)を交付します。利用者の年齢等により利用補助券の額が1,500円に満たない場合があります。 

対象施設は次のとおりです。1施設を選択して利用してください。

東京ディズニーランド

東京ディズニーシー

東京ドームシティ アトラクションズ

サンリオピューロランド

キッザニア東京

利用方法

  1. 利用施設を決めて、子ども家庭部管理課ひとり親家庭支援担当(区役所東棟3階)または福祉事務所(区内3所)の窓口で利用券交付申請書に記入し、利用補助券(利用券)の交付を受けてください。
    (注意)日帰り施設の利用補助券は金券と同様のため、窓口交付のみとなります。
  2. チケット販売窓口で、利用補助券を出して差額を支払う。
    (注意)あらかじめ、オンラインサイトや電話で、日時指定・決済が必要な施設があります。

申請にあたって

本人が来庁できない場合は

代理の方による申請も受け付けています。
代理申請は、(1)委任者(ひとり親の方)のひとり親であることが確認できる書類(児童扶養手当証書、児童育成手当認定通知、ひとり親医療証、戸籍謄本など)、(2)受任者(窓口に来る方。代理申請者)の本人確認書類を持参のうえ、来庁してください。

宿泊施設について、利用対象外の人と一緒に予約した場合は

ひとり親と子のみ、助成の対象となります。
(例)母・子・母の父母(子の祖父母)で申し込んだ場合、「母」「子」のみ助成の対象です。

 

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部管理課ひとり親家庭支援担当
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表)、03-5307-0343(直通) ファクス:03-5307-0686