京王線沿線まちづくり

 

ページ番号1005049  更新日 令和3年3月29日 印刷 

京王線(笹塚駅から仙川駅間)では、踏切による交通渋滞や事故、鉄道による地域分断の解消などを目的に、鉄道の連続立体交差事業が進められています。また、沿線地域では、杉並・世田谷両区の皆様が主体となりまちづくり協議会が設立され、まちづくりの検討が進められてきました。

区では、各協議会からのまちづくりの提案や地域の皆さまのご意見を踏まえ、京王線各駅周辺地区のまちづくり方針を策定しました。今後は、この方針により沿線のまちづくりを進めていきます。皆さまのご理解とご協力をお願いします。

京王線沿線各駅周辺地区まちづくり方針

まちづくり方針は、京王線各駅周辺地区のまちづくりの方向性を示したもので、区・区民・事業者が協働し、まちづくりを進めていくために策定しました。

  • 下高井戸駅周辺地区まちづくり方針【平成25年11月策定】
  • 桜上水駅周辺地区まちづくり方針【平成25年11月策定】
  • 上北沢駅周辺地区まちづくり方針【平成25年11月策定】
  • 芦花公園駅周辺地区まちづくり方針【平成28年1月策定】

各駅周辺地区のまちづくり方針は下記からご覧になれます。

下高井戸駅周辺まちづくり

杉並区の「下高井戸駅周辺地区まちづくり方針」及び世田谷区の「下高井戸駅周辺地区地区街づくり計画」の中で、下高井戸駅周辺については、「商店のにぎわいの創出」と「駅前にふさわしい土地の有効利用」を掲げています。これらを実現するために、平成26年度から下高井戸駅周辺の地権者を対象とした「下高井戸駅周辺街づくり懇談会」を開催しています。

平成26年度の「下高井戸駅周辺街づくり懇談会」の活動内容を「下高井戸駅周辺街づくりニュース第1号」で紹介しています。
「下高井戸駅周辺街づくり懇談会」の活動内容を広く周知するために、平成27年5月に世田谷区立松沢まちづくりセンターで街づくり懇談会の活動を紹介しました。

平成27年度の活動内容を「下高井戸駅周辺街づくりニュース第2号」で紹介しています。
平成28年6月に世田谷区立松沢まちづくりセンターで街づくり懇談会の活動を紹介しました。

平成28年度と平成29年度の活動内容を「下高井戸駅周辺街づくりニュース第3号」で紹介しています。
平成30年3月に、パネルや模型、将来の街並みをイメージしたVR映像(注1)を用いて街づくり懇談会の活動を紹介しました。

(注1)VRとは、仮想空間の中で立体化した街のイメージを、歩行者目線をはじめとして、あらゆる角度から画面上で見ることができるものです。

平成30年度の活動内容を「下高井戸駅周辺街づくりニュース第4号」で紹介しています。
平成31年3月に、パネルや模型、将来の街並みをイメージしたVR映像を用いて街づくり懇談会の活動を紹介しました。

令和元年度の活動内容を「下高井戸駅周辺街づくりニュース第5号」で紹介しています。

令和2年度の活動内容を「下高井戸駅周辺街づくりニュース第6号」で紹介しています。

京王線沿線地域のまちづくり協議会からの提案

区内の「連続立体交差事業」(関連資料)

連続立体交差事業は、市街地において道路と交差している鉄道を一定区間連続して高架化又は地下化することで立体化を行い、多数の踏切の除却や新設交差道路との立体交差を一挙に実現する都市計画事業です。

京王電鉄京王線

都市計画変更決定 (平成24年10月2日)
東京都市計画都市高速鉄道第10号線(東京都決定)
東京都市計画道路区画街路都市高速鉄道第10号線付属街路第6号線、第9号線(杉並区決定)

都市計画事業認可(平成26年2月28日)
国土交通省から東京都が認可を取得し、事業に着手しています。(詳しくは下記をご覧ください)

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

 

このページに関するお問い合わせ

都市整備部市街地整備課鉄道立体係
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表) ファクス:03-3312-2907