受験生チャレンジ支援貸付事業

 

ページ番号1004863  更新日 令和2年4月1日 印刷 

中学3年生・高校3年生などを養育している一定所得以下の方を対象に、学習塾受講料や高校・大学等受験料を無利子で貸し付ける事業です。なお、対象となる高校、大学等に入学した場合、償還(返済)が免除されます。

対象者

受験生チャレンジ支援貸付の相談は、次の1から7の全てを満たす方を対象としています。

  1. 世帯の生計中心者(20歳以上)であること
  2. 世帯の年間の総収入(給与収入)または総所得(事業所得)が次の基準以下であること。(給与収入以外の所得がある場合には、総所得で確認します。)

    【一般世帯】
    世帯人数3人:3,343千円以下(総収入):2,160千円以下(総所得)
    世帯人数4人:3,864千円以下(総収入):2,551千円以下(総所得)
    世帯人数5人:4,415千円以下(総収入):2,992千円以下(総所得)
    世帯人数6人:4,983千円以下(総収入):3,446千円以下(総所得)

    【ひとり親世帯】
    世帯人数2人:3,018千円以下(総収入):1,933千円以下(総所得)
    世帯人数3人:3,788千円以下(総収入):2,850千円以下(総所得)
    世帯人数4人:4,415千円以下(総収入):2,992千円以下(総所得)
    世帯人数5人:4,832千円以下(総収入):3,325千円以下(総所得)

    〔注意〕
    ・父母等養育者それぞれの収入または所得を合算した額です。
    ・収入要件は最新の特別区市町村民税・都民税の課税証明書で確認をします。
    ・賃貸物件に住んでいる方は、年額上限84万円(月額上限7万円)を限度に家賃支払額を本人収入額から減額できる場合があります。
    ・営業所得など、給与収入・年金収入以外の所得がある場合には、総所得で確認します。(家賃分の減額はできません。)
     
  3. 預貯金等資産の保有額が600万円以下(世帯)であること
  4. 土地・建物を所有していないこと(現在居住している場所は除く。不動産所得がある場合は対象とならない場合がありますので、ご確認下さい)
  5. 都内に引き続き1年以上在住(住民登録)していること
  6. 生活保護受給世帯の世帯主または構成員でないこと
  7. 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員が属する世帯の構成員でないこと

貸付金の内容及び貸付限度額

学習塾等の受講料

対象となる子供
中学3年生、高校3年生等
貸付限度額
200,000円
貸付の範囲
対象年度の4月から受験までの受講料。

中学3年生については、上記貸付限度額に上乗せする、杉並区受験生チャレンジ支援貸付があります。

高校受験料

対象となる子供
中学3年生等
貸付限度額
27,400円
貸付の範囲
対象となる高等学校等の受験料。1度で4回(校)分の受験料まで貸付できます。1校あたりの受験料の上限は23,000円。

大学受験料

対象となる子供
高校3年生等
貸付限度額

80,000円

貸付の範囲

対象となる大学等の受験料。回数や1回あたりの上限の定めはありません。

(注意)

  • 対象となる子供及び学習塾等には、要件があります。
  • 貸付には一定基準以上の収入のある連帯保証人が必要です。(困難な場合は連帯借受人可)

償還(返済)の免除について

子供が高校・大学等へ入学した場合は、学生証の写し、または在学証明書等を提出することで、貸付金の償還(返済)が免除になります。
(その他にも償還免除の適格要件により免除される場合があります)

受験生チャレンジ支援貸付事業の詳細

受験生チャレンジ支援貸付事業は下記のページをご覧ください。

詳しくは、受験生チャレンジ支援貸付事業窓口にお問い合わせください。

 

このページに関するお問い合わせ

各福祉事務所

  • 荻窪事務所 電話:03-3398-9104
  • 高円寺事務所 電話:03-5306-2611
  • 高井戸事務所 電話:03-3332-7221