70歳未満の方の高額療養費等の現物給付(国民健康保険)

 

ページ番号1004578  更新日 令和3年7月1日 印刷 

杉並区国民健康保険(国保)の被保険者が病院で受診(入院・外来)する際、高額療養費相当分を区から直接医療機関へ支払う現物給付の制度があります。
これにより窓口での支払いは、高額療養費自己負担限度額(月額)までとなります。(下記表参照)
なお、差額ベッド代、食事代、保険適用となっていない医療行為等については、対象外です。

高額療養費の詳細につきましては、くらしのガイド「高額療養費の支給(国民健康保険)」をご覧ください。

高額療養費の現物給付の利用方法(限度額適用認定証の交付)

あらかじめ区役所に申請をして交付される限度額適用認定証を医療機関の窓口へ保険証と一緒に提示してください。

申請に必要なもの

  1. 保険証
  2. 同一世帯の方以外が手続きをするときは、世帯主からの委任状と代理人の本人確認書類(マイナンバーカードや運転免許証等)

申請場所

国保年金課国保給付係(区役所東棟2階10番)

  • 区民事務所では取り扱っておりません。
  • 限度額適用認定証の発行には、要件(世帯全員の申告など)がありますので、事前に国保年金課国保給付係へお問い合わせください。
  • 申請月を遡って発行することはできません。有効期間は国保年金課国保給付係へお問い合わせください。
高額療養費自己負担限度額(月額、70歳未満)
所得による区分
【世帯の国保加入者の住民税基礎控除後の所得の合計】
自己負担限度額
 賦課標準額901万円超(住民税の申告をされていない方がいる世帯を含む) 252,600円 (医療費総額が842,000円を超えた場合は、その超えた分の1パーセントを加算)
 賦課標準額600万円超~901万円以下 167,400円 (医療費総額が558,000円を超えた場合は、その超えた分の1パーセントを加算)
 賦課標準額210万円超~600万円以下 80,100円 (医療費総額が267,000円を超えた場合は、その超えた分の1パーセントを加算)
 賦課標準額210万円以下 57,600円
 住民税非課税世帯 35,400円

(注意)賦課標準額とは、総所得金額等から住民税の基礎控除額43万円を差し引いた額です。

入院時の食事療養費の減額

病院等に入院したとき、食事代が1食460円(定額)の自己負担となりますが、住民税非課税世帯の方は、減額措置があります。(入院時の食事にかかる標準負担額(1食あたり)参照)

申請により「限度額適用・標準負担額減額認定証」を発行しますので、入院の際、保険証と一緒に病院にご提示ください。

申請に必要なもの

  1. 保険証
  2. 同一世帯の方以外が手続きをするときは、世帯主からの委任状と代理人の本人確認書類(マイナンバーカードや運転免許証等)

申請場所

国保年金課国保給付係(区役所東棟2階10番)

  • 区民事務所では取り扱っておりません。
  • 限度額適用・標準負担額減額認定証の発行には、要件(世帯全員の申告など)がありますので、事前に国保年金課国保給付係へお問い合わせください。
  • 申請には世帯主と国保加入者全員の住民税が非課税であることの確認が必要になります。未申告の場合は住民税の申告をしていただき、非課税世帯と確認できた場合発行します。
  • 転入された方も同様の確認が必要です。
  • 申請月を遡って発行することはできません。有効期間は国保年金課国保給付係へお問い合わせください。

入院時の食事にかかる標準負担額(1食あたり)

住民税課税世帯
1食460円
減額措置該当者(住民税非課税世帯)で過去1年間の入院が90日まで
1食210円
減額措置該当者(住民税非課税世帯)で過去1年間の入院が91日目以降の申請日から(注)
1食160円

この自己負担金は、高額療養費制度の対象にはなりません。

(注意)

  • 申請をする方は、入院日数を証明する書類(医療機関の領収書など明細のわかるもの)も必要です。
  • 入院期間は、非課税世帯としての日数のみを計上します。
  • 住民税課税世帯の方で一定の条件を満たす方は、自己負担金が260円に据え置きになります。詳細は国保年金課国保給付係へお問い合わせください。

療養病床に入院する65歳以上の方の自己負担

療養病床に入院する65歳以上の方は、所得に応じて「食費と居住費」を負担します。
負担額は下記のとおりです。

指定難病の方については、食費のみの負担となります。(居住費の負担はありません)

療養病床に入院する65歳以上の方の自己負担額(日額)

食費+居住費(食費は1食、居住費は1日あたり)

住民税が課税されている方

入院している医療機関により、次のとおりに分類されます。

  1. 食費460円 + 居住費370円
  2. 食費420円 + 居住費370円

1、2については医療機関にご確認ください。

住民税非課税の方

食費210円 + 居住費370円

(注意)
一般の方で一定の条件を満たす方は、食費が260円に据え置きになります。詳細は国保年金課国保給付係へお問い合わせください。

 

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部国保年金課国保給付係
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
電話:03-3312-2111(代表)、03-5307-0642(直通) ファクス:03-5307-0685